アイコン 米アップル 過去最高益 iPhone回復、ウエアラブル好調持続、アプリ販売伸びる

 

スポンサード リンク
 

米アップルが28日発表した2019年10~12月期決算は売上高が前年同期比9%増の918億1900万ドル(約10兆円)、純利益が11%増の222億3600万ドルと増収増益で、いずれも過去最高だった。

増収は3四半期連続、増益は1年3ヶ月ぶり。主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」が回復し、収益を押し上げた。

売上高の内訳は、アイフォーンが8%増の559億5700万ドルと、1年3カ月ぶりの増収。

ウエアラブル端末の販売増加が追い風となり、アプリ販売のサービス部門も17%増の127億1500万ドルと過去最高だった。

以上、

トランプ米大統領はアップルのサムスン電子対策にウエアラブル機器に対しての関税を還元している。スマホに対する追加関税は米中合意により、12月15日からの追加関税はなくなった。

 

 

[ 2020年1月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産