アイコン 中国、ドイツ等欧州へ環境破壊のフロンガス大量輸出 車350万台分

 

スポンサード リンク
 

フルオロカーボン(炭素とフッ素の化合物)のことを一般的にフロンと言う。 そのうち、CFC(クロロフルオロカーボン)とHCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)がオゾン層破壊物質のフロンガスとされている。

環境への影響を抑えるために設定されている割当制度に反し、温暖化ガスのフロンガスが大量に欧州連合(EU)域内に密輸され、気候変動との戦いを阻害している。業界幹部が明らかにした。

英国の非政府組織(NGO)、環境捜査局(EIA)の推計によると、中国から不正にEUへ大量流入しているハイドロフルオロカーボン(HFC=フロンガス)は、少なくとも自動車350万台の年間排出量に匹敵する。HFCはエアコンや冷蔵庫、カーエアコンの冷媒財として使用されている。

最近でも、中国では、オゾン層を破壊するフロンガスが、マンションや住宅の断熱材用として発泡スチロールを製造するため大量に製造され、地球の温暖化を助長していると批判した記事が掲載されていた。(先進国では現在、オゾン層を破壊しない代賛フロンが使用されている)

1987年モントリオール議定書において、地球温暖化を進める、大気を覆うオゾン層を破壊している物質として、フロンガスの製造を大幅規制強化したが、フロンガスは当時より生産が増加し、オゾン層を破壊し続けている。それは当議定書をまったく守っていない中国が大量生産していることにあるとしていた。
中国の地球を滅亡させる大・大気汚染とともに排出されている。
国際社会において、治外法権国は北朝鮮ばかりではない。

 

フロンガス
種 類
製 品
主な用途
備 考
クロロフルオロカーボン
CFC-11
ビルの空調機等大型の冷媒、断熱材等の発泡剤
オゾン層破壊物質。
CFC-12
カーエアコン、自動販売機、家庭用冷蔵庫の冷媒
1995年末で生産全廃。
CFC-113
電子機器や精密機器の洗浄剤
ハイドロクロロフルオロカーボン
HCFC-22
家庭用ルームエアコン、業務用冷凍空調機器
オゾン層破壊物質。
HCFC-123
冷媒
但し、破壊係数はCFCに比べ小さい。
HCFC-141b
発泡剤、洗浄剤 
2019年末で生産全廃予定。
HCFC-142b
発泡剤
 
ハイドロフルオロカーボン
HFC-32
冷媒
オゾン層は破壊しないが地球温暖化防止の観点から排出抑制。
HFC-125
冷媒
HFC-134a
カーエアコン、家庭用冷蔵庫、業務用冷蔵庫の冷媒等、スプレー
HFC-143a
冷媒
HFC-152a
スプレー、冷媒
HFC-245fa
発泡剤
HFC-227ea
消火剤
HFC-C447ef
洗浄剤
HFC-43-10mee
洗浄剤
HFC365mfc
発泡剤、洗浄剤
nbsp;

[ 2020年1月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産