アイコン 追報:滉王(株)(福岡)/事業停止 破綻

 

スポンサード リンク
 

既報。建築・土木工事業の滉王(株)(福岡県久留米市三潴町西牟田6333-21、代表:江頭伸明)は6月29日、事後処理を松本佳郎弁護士(電話0942-38-5992)に一任して事業を停止した。民事再生法の適用申請を検討している。負債額は約20億円。

同社は平成14年3月設立された建築・土木工事会社。以前は滉王コンサル(株)という経営コンサルタント業だったが、平成22年2月商号変更し、福岡・九州・関西で、大手ゼネコンなどからマンションや公共工事の下請工事を受注し、平成31年4月期には19億円以上の売上高を計上していた。

しかし、今年5月、専任技術者の常勤者を配置していなかったとして、大臣登録の建設会社であり、国に虚偽申請したとして元代表取締役社長の田中元晴氏ら2人が建設業法違反容疑で逮捕された。

同逮捕により福岡県は5月25日~9月24日まで指名停止措置、久留米市からは同逮捕に加え反社勢力との関係または社会的に非難される関係を有している事実が確認されたとして5月20日~9月19日まで指名停止措置を受けていた。

この間、新代表が就任したものの信用失墜は避けられず、工事契約案件が解約されるなど先行きの見通しが立たず、今回の事態となった。追、大手は下請けが逮捕事件など発生させれば、信用問題から即アウトにしてしまい、当該の下請事業者の事業継続は困難になる。


スクロール→

滉王(株)の財務内容業績 令和元年4月期/千円

流動資産

1,945,468

流動負債

1,921,347

 

 

固定負債

145,470

固定資産

436,802

自己資本

315,452

 

 

(資本金)

27,500

総資産

2,382,270

負債+資本

2,382,270

売上高

粗利益

経常利益

自己資本率

1,914,087

315,379

19,133

13.2%

・建築・土木工事業

 

[ 2020年6月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産