アイコン 追報:大東観光交通(株)(相模原)/破産手続き開始決定 学校通学バス運行会社

 

 
 

既報。観光・送迎バスの大東観光交通(株)(所在地:相模原市中央区光が丘3丁目*** )は5月21日、横浜地裁相模原支部において破産手続きの開始決定を受けました。

停止時の負債額は約2億円。

同社は昭和23年1月設立の企業や学校などの定期バス運行会社。観光バスも走らせ、以前は3億円以上の売上高を計上していた。

しかし、その後は同業者間の競争激化、顧客の喪失などもあり、平成31年3月期には売上高が以前から半減、運転手の労務費の高騰などもあり採算性も悪化させていた。代表が今年亡くなり、定期バス運行の学校が新コロナ感染症拡大で休校したことにより収入減、事業継続が困難となり、ほかの取締役により準破産を申し立て、今回の処置となった。

破産管財人には、佐々木敏尚弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和2年6月18日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年9月8日午前10時20分。

事件番号は令和2年(フ)第175号となっています。

 

既報記事
追報:大東観光交通(株)(神奈川)/準自己破産申請 学校通学バス運行会社

 

 

 

 


 

[ 2020年6月 4日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産