アイコン 日本医師会強い危機感 「全国各地で医療の提供体制が崩壊の危機に直面」

報道によれば・・・

日本医師会の中川会長は、現在の感染状況について、「新規感染者数の増加傾向がさらに強まり、各地で過去最多の水準になっており、全国各地で、医療提供体制が崩壊の危機に直面している」と述べ、強い危機感を示した。

その上で・・・

「感染者が急増すれば、コロナ対応とコロナ以外の病床の確保は、とても両立できない。都道府県知事は、国と調整のうえ、2週間後の状況を想定しながら、地域の感染状況を的確に判断し、必要な措置をとって欲しい」と訴えた。

「Go Toキャンペーン」について・・・

「経済対策としては必要なのだと思う。やるかやらないかではなく、移動や旅行をした場合に、どのような行動をするかに立ち返るべきだ。万全の感染予防対策が、最強の経済対策につながると信じている」と述べた。

以上、報道より参照

スポンサーリンク
 
 

ネットでは・・・

『政府がなにもしなさすぎる』

『GOTO?11月に入国緩和しましたよね?』

『今の日本で崩壊するなら数十倍感染者がいる海外はどうなるの』

などの声が上がっている。

 

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/

[ 2020年11月26日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧