アイコン 大阪府 新型コロナ重症者の増加で救急、病棟閉鎖が相次ぐ

病院

報道によれば・・・

大阪府内の救命救急センターで、病床やスタッフを新型コロナウイルス対応に振り替えるため、他の傷病患者向けの病棟を閉鎖する動きが続出しているという。

大阪府では・・・

確保してある重症用病床206床の使用率は5日現在で64.1%で、実際に使える病床では80.5%に上り、逼迫した状況となっている。

大阪市立総合医療センター(同市都島区)では、全国でも珍しい若いがん患者専用の病棟を一時閉鎖、大阪赤十字病院(同市天王寺区)でも4月以降、がんの緩和ケア病棟(20床)を閉鎖している。

以上、報道より参照

 
 

ネットの反応では・・・

『これって医療崩壊?』

『コロナがこれだけ医療を疲弊させるとはだれが予想した・・・』

『しかし病院に見舞いにいけなくなって半年なるね』

『大阪府の失策なのか、コロナが人智を超えたのか』

『いやー、ロックダウンした方がいいんじゃね』

などの声が上がっている。

 

 

[ 2020年12月 6日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産