アイコン ファイザーワクチン カナダも承認 3ヶ国目

カナダ保健省は9日、米ファイザー社が独ビオンテック社と共同開発した新型コロナウイルスワクチンを承認した。英国、バーレンに次いで世界で3ヶ国目。
同省は声明で「ワクチンの承認は、安全かつ有効で良質であるという確証に基づく」とした。当初のワクチン接種は年齢16歳以上に限定される。

 

カナダのトルドー首相によると、ファイザーは月内に初回分の出荷を開始、年内に最大24万9000回分のワクチンが供給される見込みで、中部サスカチュワン州はコロナ患者と直接接触する医療関連者の接種向けに、来週15日までに1950人分のワクチンを受け取る見通しとした。

カナダはファイザーから1000万人の接種を可能とする2000万回分を購入し、追加で最大5600万回分購入する契約を締結している。
当局者によると、近く承認が見込まれる米モデルナ社のワクチンを合わると、カナダは来年3月末までに計600万回分のワクチンを受け取る見通しだという。
以上、

米国では当ワクチンにつき、米FDAの承認の票決が13日に予定されている。

[ 2020年12月10日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産