アイコン 40ヶ国超が英国からの入国を規制強化 先進国の収束は8月か

ワクチン接種により集団免疫が構成され、新コロナ感染症が収束するのは欧米先進国で8月だとの世界の感染症専門家の見方が主流。今からは長い後半戦となる。日本は持ちこたえられるのだろうか。

英BBC放送は21日、これまでの新型コロナウイルスより70%感染力が強いとされる変異種の感染拡大が英国で確認されたため、40ヶ国・地域以上が英国からの入国規制を決定している。英国からの旅客機の乗り入れ禁止といった一時的な入国規制強化策の導入は、欧州各国に加え。米国、インド、香港などのアジア、モロッコといったアフリカ大陸、チリなど南米大陸の各国も決め、変異種流入を世界中が警戒していると報じた。

変異種は、ワクチンは効くが、子供にも感染しやすいタイプだとの英国での研究報告。

 

万年うし年の日本はどうするのだろう。

 

一方、ジョンソン英首相は21日、8日から世界で初めて開始されたファイザー製ワクチン接種、摂取した人が英国でこれまでに50万人に達したと表明した。


 

[ 2020年12月22日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産