アイコン 長崎県「コロナ警報」発令 中村知事大正解

長崎県は23日、新たに12人の新コロナ感染者が確認され、4日連続で2桁の感染者が発生したことから、県民に注意を呼び掛ける独自の警戒警報を発した。
中村県知事は23日、県独自に設けた5段階のステージのうち「ステージ3」に移行したことを明らかにし、「警戒警報」を発した。
知事は、感染が拡大する地域への訪問は改めて必要性を検討し、訪問する際も飲酒を伴う会食を控えるとともに、県内でも家族以外と5人以上の飲酒を伴う会食を控えるよう呼びかけた。

ここ1週間で90人以上が感染、確保している225の病床のうちの4分の1以上が埋まり、今後の感染増では医療体制にも問題が生じるとして早めの警報を発した。

21日に長崎市で感染が確認された16人のうち6人は、市中心部の飲食店などを対象にした無料検査で陽性が確認された。
6人はスナックや居酒屋などいずれも違う飲食店の従業員らだという。
以上、

全国の自治体の一部は、こうした積極的な感染検査を実施し、陽性者を隔離し、ほかの人に感染させないように、感染が拡大しないように努力している。
福岡市でも市役所の玄関口にPCR検査の検体採取用のバスを固定設置し、指定地域の飲食店の関係者らに対して無料で感染検査を行っている。指定地域を順繰りに変えていくそうだ。

感染爆発地帯の東京も大阪も名古屋も札幌もそうしたことを行ってこなかったことから、手がつけられない状態の感染者が出続けている。火災と同じく、初期消火活動がすべて。
事業継続も困難になる飲食店の営業時間短縮などの前に、行政側がこうした積極的な検査を行い、そのうえで、最後の手段として行うべきだろうが・・・。
アゴばかりではどうにもならん。

 

忘年会シーズン、人と人の接触が商売の議員さんたちも忙しいだろうなぁ。こっそり・・・
人と人の接触により感染する新型コロナウイルス、マスクは当然ながら、3蜜回避、接触感染リスクには手洗いなどを励行し、感染リスクを下げるしかない。

見えないステルスウイルス、誰が感染しているのかも分からない。感染者が多くなり早目の対応、中村知事は大正解だ。
県民一人ひとりがステージ3の警報を意識して活動するしかない。

長崎県の場合は高齢者が多く、同居している人たちも多い、高齢者の重症率も致死率も若い人に比べ圧倒的に高い。家族間感染も多くなっており、家族一人ひとりが注意するしかない。命あっての盆・正月だ。

 


スクロール→

長崎県の感染者

 

感染者

死亡者

 

累計

月間

日平均

月間

1月

0

 

0

0

2月

0

 

0

0

3月

2

2

-

0

4月

17

15

-

1

5月

17

0

0

0

6月

17

0

0

0

7月

74

57

2

1

8月

231

157

5

1

9月

236

5

-

0

10月

245

9

-

0

11月

271

26

1

0

累計

338

 

 

3

12

 

感染者

日平均

死亡者

 

17

5

1

0

 

814

52

7

0

 

1521

91

13

0

 

1222

26

 

0

 

1223

12

 

0

 

12月累計

186

8

0

 

総累計

457

 

3

 

12月累計は123日までの累計値

 

[ 2020年12月24日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産