アイコン 12月首都圏が47% 10月の5倍の感染者数 3ヶ月間の新コロナ感染動向 

 

 

新年、もういい加減にしてほしい新型コロナウイルス感染症の疫病、COVID-19ウイルスは10月首都圏から11月にかけ地方へ拡散され、地方の感染者の構成率が高くなったものの、首都圏では通勤を含めた交流人口や人口密集度が桁外れに大きいため、12月は再び首都圏の構成率が高まっている。
感染者数も首都圏の増加スピードが速いため11月は10月の倍、12月はその11月の倍以上に急増し、10月と12月の比較では4倍に達している。週別で見る限りその勢いは止まっていない。

ただ、12/27~1/2だけの感染者数を見れば、首都圏から再び地方へ拡散されているようにも見える(検査数が少なくなるため一概には論じえない)。

ワクチン接種は2月下旬からスタートの予定だが、50%に行き渡るためには5月いっぱい(日に100万件/2回接種で50万人分接種したとして)かかり、2回接種して集団免疫での収束効果があるとされる70%には8月以降となるとみられる。

それまで持ちこたえなければ、緊急事態宣言を出すしかなく、宣言を発しなければ最悪の事態に至る。速め早めの短期間の強い対策で経済への打撃も軽症化できたはずだが・・・。後手後手で死人ばかり出し続け、感染者数も拡大し、今になって宣言を出しても長期でない限り効果は半減するものと見られる。・・・後の木阿弥。

なお、ファイザー製のワクチンは1回目の接種では50%の感染リスクがまだあり、3週間後に接種する2回目での効果により95%前後に達するとされている。


スクロール→

首都圏3ヶ月感染者移/NHK集計値

 

全国

東京

神奈

埼玉

千葉

首都圏

比率

10

17,744

5,350

1,815

1,203

1,138

9,506

53.6%

11

47,494

9,850

3,844

2,570

1,973

18,237

38.4%

12

86,774

20,842

9,561

6,307

4,071

40,781

47.0%

首都圏3ヶ月感染死亡者推移

 

全国

東京

神奈

埼玉

千葉

首都圏

比率

10

195

47

31

5

9

92

47.2%

11

382

34

26

34

7

101

26.4%

12

1,340

138

79

67

31

315

23.5%

 

↓12月の致死率は首都圏より地方が2.5倍高い。

高齢者の感染が高いだけとは言い難い。


スクロール→

10~12月 月別の死亡数と致死率/2020年

 

全国

首都圏

地方

 

死亡

致死率

死亡

致死率

死亡

致死率

10

202

1.14%

92

0.97%

110

1.34%

11

382

0.80%

101

0.55%

281

0.96%

12

1,340

1.54%

315

0.83%

1,025

2.10%

 

↓神奈川県での感染拡大率が高く、最近は千葉県が急増中、首都圏外の地方も増加している。


スクロール→

11月から週別推移 11/1211/2

 

全国

東京

神奈

埼玉

千葉

首都圏

比率

11/17

6,113

1,339

549

346

276

2,510

41.1%

8~14

9,656

2,072

781

540

410

3,803

39.4%

1521

13,675

2,809

1,139

757

588

5,293

38.7%

2228

14,554

2,901

1,143

724

556

5,324

36.6%

2912/5

15,414

3,163

1,180

936

524

5,803

37.6%

612

17,320

3,364

1,317

1,139

689

6,509

37.6%

1319

18,517

4,141

1,793

1,217

859

8,010

43.3%

2026

21,701

4,980

2,560

1,515

1,176

10,231

47.1%

271/2

23,625

5,109

2,561

1,490

1,346

10,506

44.5%

 

↓拡散したCOVID-19

全感染者に占める東京都の構成率は9月32.4%、10月29.1%であったが、11月は21.0%まで減少している。海老がなくともGoTo Travel wite COVID-19を裏付けているといえる。


スクロール→

拡散してしまった新コロナ

 

日本

東京

地方

東京構成

20

感染

死亡

感染

死亡

感染

死亡

感染

死亡

1

12

0

1

0

11

0

8.3%

0.0%

2

230

4

51

1

179

3

22.2%

25.0%

3

1,992

62

474

16

1,518

46

23.8%

25.8%

4

12,190

391

3,748

103

8,442

288

30.7%

26.3%

5

2,478

441

957

185

1,521

256

38.6%

42.0%

6

1,835

76

994

20

841

56

54.2%

26.3%

7

17,650

39

6,464

7

11,186

32

36.6%

17.9%

8

32,112

287

8,125

31

23,987

256

25.3%

10.8%

9

15,199

275

4,918

45

10,281

230

32.4%

16.4%

10

18,370

195

5,350

47

13,020

148

29.1%

24.1%

11

46,925

382

9,857

34

37,068

348

21.0%

8.9%

12

86,774

1,420

20,842

138

65,932

1,282

24.0%

9.7%

累計

235,749

3,492

60,177

627

175,572

2,865

25.5%

18.0%

 

↓12月の感染者数は10月の5倍

重症者率(重症者数÷現在感染者数)は12月末1.92%、11月末2.34%、10月末2.49%と下がっているが、重症者用ベッド使用数により発表されていると見られ、北海道のように重症者に含まれないまま死亡している人が多数存在し、統計上の統一性が保たれていない。また、感染から重症化するまでには10日前後のタイムラグもある。

なお、12月末の現在感染者数に対する12月の月間死亡率は3.55%となっている。


スクロール→

12月までの3ヶ月動向/厚労省発表値

 

12/31

11/30

10/31

合計

累計感染者数

234,395

148,694

101,146

 当日

4,336

1,439

877

 月間

85,701

47,548

17,583

 日平均

2,765

1,585

567

累計検査数

4,893,318

3,545,916

2,721,305

 当日

41,381

43,380

15,137

 月間

1,347,402

824,611

615,342

 日平均

43,465

27,487

19,850

当日陽性率

10.48%

3.46%

7.62%

累計隔離解除者

193,714

125,470

92,960

重症者(月末)

716

493

160

国内死亡者数

3,460

2,139

1,766

 当日死亡者数

46

20

11

 月間死亡者数

1,321

373

195

隔離解除率

82.64%

84.38%

91.91%

 累計致死率

1.48%

1.44%

1.75%

 月間致死率

1.54%

0.78%

1.11%

確認中

1,619

285

113

現在感染者数(隔離中)

37,221

21,085

6,420

現在感染者率

14.50%

14.18%

6.35%

検査能力数

112,953

85,640

75,334

当日検査率

36.64%

50.65%

20.09%

月日平均検査率

38.48%

32.10%

26.35%

・現在隔離数は自宅隔離(確認中含む)者+ホテル等施設隔離者+病院隔離者

    厚労省の発表値とNHKの集計値の誤差は、厚労省が5月から運用開始した全国統一プラットホームのプログラムはややこしすぎて、現場の負担が増すだけで、ほとんどの自治体が使用していない。そのため厚労省は都道府県が発表するHPを見て集計するという超アナログの集計方法を採用していることなどによるもの。

[ 2021年1月 4日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産