アイコン 感染経路 マイクロ飛まつ充満 レストラン・ジム・バー・ホテル・教会の論文

 

 

日本では感染を抑制するため、各種の抑制策を採用している。レストランでは換気、衝立、間隔などの対策を取り、3蜜を避け、接触感染防止用に消毒剤も用意、テーブル使用後の消毒、遠隔体熱センサーチェックなどを行っている店舗も多い。

昨年5月英科学誌ネイチャーでは、感染経路について研究報告されている。専門家会議や諮問機関の感染症の専門家が知らなかったはずはない。

今回の宣言でも介添人の尾身氏は感染経路不明者が50%超え、そのほとんどが飲食にかかわるものだと断言したもののエビはない。神奈川では黒岩知事が、横浜・川崎での午後10時までの営業時間自粛要請に対し自粛店舗は2割だと述べ、自らの県民に対するリーダーシップ力のなさをさらけ出している。日ごと自粛要請の行脚を自ら・職員にさせたという話もない。小池氏は調べもせず、黒岩知事の発言を引用し、リーダーシップを自ら崩壊させている。

ネイチャーの論文によると、レストラン・飲食店、ジム、バー、ホテル、教会の順で感染リスクが非常に高いと示されている。
問題はマイクロ飛まつにあり、一定のスペースに長時間滞在すれば被曝する可能性は比例して非常に高くなる。マイクロ飛まつは空中に20分間滞留するとされ、もしも感染者がレストラン内に入ればマイクロ飛まつをその間出し続け、室内に充満し続けることになる。特に夜食の時間帯は大勢が入り、長時間滞在することから感染リスクが高いとしている。

こうしたことを受けてか、NYのレストランでは早くから屋内での飲食を禁止している。対策では限界があると見ているのだろう。その代わり歩道を開放し歩道での飲食を可能にしている。今冬、歩道に透明ドーム型のテントを設置しているところもある。日本では歩道が狭く・道路使用も硬直した行政により不可能だろう・・・。

当研究チームは、「フルサービスのレストランで感染リスクが高まるのは、訪問客が多く、滞在時間が長い傾向があるためだと考えられる」とし、「一律に移動を制限するよりも、店舗の収容人数を制限する方が効果的だ」とも指摘してもいる。収容人数を2割にすれば8割感染リスクが低減すると報告している。

日本では3蜜対策のほか各種対策がとられている。しかし、その対策による効果の検証はなされていない。
4月とは異なり、多額を投資して3蜜対策を取っている多くの飲食店でも一蓮托生に営業時間短縮の今回の宣言でもある。

8時までの営業時間なら、オーダーストップ時間は午後7時、遅いところでも7時半になる。逆に客は仕事終了時間と食事店舗の営業時間に拘束され、店舗では3蜜になる可能性が高い、事業者も生活がかかっており、時間内の3蜜を容認する可能性は高くなる。
午後8時が適切かどうか・・・・。午後7時や8時まで開いている飲食以外の店舗で働く人たちは食事時間が間に合わず、コンビニ弁当が続くことになる。
日本の某氏は以前からマスクをして静かに会食しましょうと呼びかけてもいるが・・・。

ホテル・モーテルが感染リスクの4番目に上げられている。
理由も同じようなものだろうが、日本では人口の半分の6千万人が利用したGoToトラベル、日本のトップはエビがいないと主張してなかなか中断しなかったが、人-人の間接でも接触が増加すれば増加するほど至る所で感染リスクは高まることを承知で、事業者の経済問題もあり執行し続けたのだろう。その結果は見るに忍びない。
6~7月までに企画され、7月から8月の第2波の感染拡大を受けてのGoToキャンペーン執行であり、第3波の感染急拡大を演出したことは疑いようもない。トップは自らの政策の結果について総括もせず、次の駒をきっている。日本にはおろおろする人物はいるが責任者がいない。

それまで北海道や大阪・東京に流れていた客が11月の中断発表により、京都や福岡へ流れ、現在、両都市とも感染者で火の車になっている。

 


スクロール→

GoToトラベルキャンペーン

10月1日スタート 人口の半分の6千万人が利用

札幌・大阪・名古屋の各市

への訪問

12月14日から予約停止

からの旅行

12月14日から旅行自粛要請

広島市

への訪問

12月16日から予約停止

からの旅行

12月16日から旅行自粛要請

東京都

への訪問

12月18日から予約停止

からの旅行

12月18日から旅行自粛要請

感染急拡大を受け全国一斉中断 12月28日から

 

マスク:、ウイルスはヒトの体内の細胞でコピーされ増殖するもの、自ら増殖はしない。そのためマスク2枚は有効と見られている。今では性能より見栄えになっているマスク、中に不織布やカーゼを2重3重にすれば効果がさらにアップする。それに加えハープの葉ッパを入れれば気分もよくなる。

↓店内飲食禁止のNY

[ 2021年1月 8日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産