アイコン (有)富士ライフサービス(茨城)/自己破産へ 新型コロナ関連倒産

 

 
 

再資源化材料卸の(有)富士ライフサービス(所在地:茨城県水戸市酒門町***)は令和2年12月28日、同日までに事業を停止し、破産申請に向けての事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約1億円。

資本金は300万円。

同社は昭和60年創業、平成6年1月に法人化へ、新型コロナの影響で業績が急激に悪化、事業を断念し、今回倒産の事態となった。

担当弁護士は、小松哲弁護士(電話番号:03-3556-6745)が任命されている。

 

 

概要

業種

再資源化材料卸

住所

城県水戸市酒門町***

代表

***

資本金

300万円

負債

約1億円

 

[ 2021年1月12日 ]
スポンサード リンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産