アイコン 戸田中央総合病院クラスター310人感染、31人死亡

埼玉県戸田市の戸田中央総合病院(492床)で、感染者の集団=クラスターが発生、14日現在、患者や職員の計310人の感染し、31人が死亡した。
戸田中央総合病院では、昨年11月に職員の感染が確認されて以降、感染者が相次ぎ、1月14日までに患者と職員合わせて310人に上るという。
このうち、入院患者31人が死亡したという。
以上、

旭川市の吉田病院を再演させている。大きな病棟が3棟(小分けも含め全16棟)あり、11月の感染発覚で病棟を、職員を含め遮断すべきだったろうが、それに失敗し、全病棟に感染を広げてしまったようだ(小分けで12棟で感染者が発生している)。
また、兄弟姉妹病院はいくつもあり、早期に感染していない患者を病棟隔離するか、グループの病院へ転院させておけば、これほどの感染者と死亡者を出すこともなかったろう。

 

当グループで新コロナ感染症の患者を受け入れている病院はあるのだろうか。
感染患者だとしてもグループで機能させれば医師や看護師たちの不足とは考えられない。できない理由をいっぱい用意したのだろうか。

医療法人社団東光会戸田中央総合病院
戸田中央総合病院をはじめ一都4県に28病院や6老健施設ほか計114ヶ所の関連事業所を展開している。戸田中央総合病院は492床の総合病院。
中村哲夫・隆俊・秀夫医師の3兄弟がそれぞれグループを形成し、総じて中央医科グループと称し、IMSグループ、戸田中央医科グループ、上尾中央医科グループをそれぞれ有している。また、それぞれのグループが多くの病院や介護・リハビリ施設など関連施設を運営している。

0116_01.jpg

[ 2021年1月17日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産