アイコン 東鳴子温泉の旅館紅せんが自己破産へ 新型コロナ関連倒産

温泉旅館経営の旅館紅せん(所在地:宮城県大崎市***)は2月3日、同日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債総額は約3500万円が見込まれている。

 
 

同旅館は昭和54年に設立、競争の激化により業績が低迷する中、新型コロナ、「Go Toトラベル」中止の影響もあり事業を断念、今回倒産の事態となった。

東鳴子温泉 旅館紅せん

[ 2021年2月 4日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
 


PICK UP


PICK UP - 倒産