アイコン 沖縄 飲食店の資金繰りに不安の声

報道によれば・・・

沖縄県の協力金の支給が遅れる中、飲食店の経営者からは資金繰りへの不安の声が溢れている。

那覇市久茂地にある居酒屋では、去年12月17日から県の営業時間短縮の要請に応じており、これまでより4時間早い午前11時に店を開けて、ランチや昼飲みの客の取り込みをはかっているが、店の売り上げは1日1万円から3万円程度にとどまっているという。

店のオーナーらからは給料などへの資金繰りに逼迫していると洩らす。

なお5日、沖縄では新たに41人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、沖縄県内で確認された感染者は、合わせて7790人とななっている。

以上、報道より参照

 

 
 

ネットの反応では・・・『飲食店とコロナの喰い合わせは最悪』、『バイトも首になってるの多い』、『協力金払うの遅れてるのってなんで?』などの声が上がっている。


飲食店 資金繰りに不安の声

県の協力金の支給が遅れる中、飲食店の経営者からは資金繰りへの不安の声が聞かれています。

那覇市久茂地にある居酒屋では、去年12月17日から県の営業時間短縮の要請に応じています。

これまでより4時間早い午前11時に店を開けて、ランチや昼飲みの客の取り込みをはかっていますが、店の売り上げは1日1万円から3万円程度にとどまっています。

[ 2021年2月 5日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産