アイコン 富士フィルム ノハバックス製ワクチン原液 米英3工場で生産

富士フイルムは、バイオ医薬品の開発・製造受託会社(CDMO)であるFUJIFILM Diosynth Biotechnologies(フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ、以下 FDB)が、米国ノースカロライナ拠点に続き、米国テキサス拠点でも新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)ワクチン候補の原薬の製造を開始したと発表した。
現在、FDBは、米国2拠点でCOVID-19ワクチン候補の原薬の量産を進めている。
また、英国拠点においてもCOVID-19ワクチン候補の原薬の量産準備をスタートするなど、同ワクチンの迅速かつ安定的な供給に向けた取り組みを加速させている。

FDBは、米国バイオテクノロジー企業Novavax,Inc.が開発中で、米政府が立ち上げた官民連携プロジェクト「Operation Warp Speed」が開発を支援するCOVID-19ワクチン候補の1つでもある「NVX-CoV2373」の原薬製造を受託している。
米国ノースカロライナ拠点では、2020年7月より2,000細胞培養タンクを用いて「NVX-CoV2373」の原薬の量産を開始しており、同時期にトランプ米国前大統領による視察が行われた。
今回FDBは、米政府の助成の下、米国テキサス拠点で進めてきた、2,000L細胞培養タンク9基の設置を完了させ、「NVX-CoV2373」の原薬製造を開始した。

 

今後、米国ノースカロライナ拠点と米国テキサス拠点の2拠点量産体制により、米国におけるCOVID-19ワクチン候補の迅速かつ安定的な供給に貢献していく。
また、「NVX-CoV2373」の原薬の量産準備を進めている英国拠点には、2021年2月13日、ボリス・ジョンソン英国首相が視察。今後、FDBは、米国ノースカロライナ拠点より移管した生産プロセス技術と2,000L細胞培養タンクを用いて、英政府が調達する「NVX-CoV2373」の原薬製造を英国拠点で行っていく。

「NVX-CoV2373」は、新型コロナウイルスの遺伝子情報をもとに作り出した抗原のタンパク質の一部を用いたCOVID-19ワクチン候補。

ノババックス社は、2020年8月より南アフリカで後期臨床第II相試験、同年9月より英国で臨床第III相試験を開始している。
2021年1月には、各試験の中間解析結果として、主要評価項目を達成し有効性を示したことを発表している。また北米では、米国やメキシコで臨床第III相試験を進めている。
ノババックスの発表資料によると、英国で1万5000人余りを対象に実施した最終段階の試験では有効性89.3%となり、主要評価項目が達成された。

一方、変異株南ア型広がる南アフリカの治験ではHIV陰性の人が対象で4400人余りを対象とし有効性60%だった。 HIV陽性の人を含めた全体の有効性は49.4%と比較的に低い有効性にとどまっている。

南ア型変異株は、ファイザー・モデルナ・アストラゼネカの各ワクチンも有効性が低いとし、南ア型に適応できるワクチン開発にすでに開始している。
南アはアストラゼネカワクチンを購入しており、有効性が低いことから、使用しないとして、必要国に転売する計画をしていると報じられている。

ノババックス製ワクチンは日本では武田薬品が製造することになっているが、政府はノババックス社との契約は現在のところ行っていない。南アやブラジル型にも対応したミックスワクチンの開発が急がれる。
新コロナウイルスは長引かせれば長引くほど、既存の新コロナワクチンが効かない南ア型のような感染力が強い新たに変異した新型コロナウイルスの出現を呼ぶ込むことになる。

チンタラやるのは自民党の老人クラブのおしっこだけで勘弁してもらいたい。感染症にはキレが必要だ。

[ 2021年2月16日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産