アイコン 韓国、3分診断のPCR検査キット開発 遅れる日本


韓国の科学技術情報通信部(省)が企業、大学、病院などと協力して、半導体を使った3分診断キットを開発、3月からの使用が期待されているとKBSが報じている。

日本のこうした危機の開発力は今や韓国から大幅に遅れている。日本はデンカが抗原検査の15分抗体検査キットが最高。

スポンサーリンク

韓国の新コロナ感染症の治療薬については、製薬メーカー「セルトリオン」の抗体治療薬「CT-P59」を供給期間や感染病状などの限定により国内で認可され、2月17日から医療機関への供給を開始している。現在、韓国ではナパモスタート(海外臨床)とカモスタート(国内臨床)の2種類が第2ステージの臨床試験を終えて第3ステージの準備をしている。韓国ではほかに13件の新型コロナの治療薬の候補物質に対する臨床試験も行われている。

いつの間にこんなに日本の開発力は落ちたのだろう。すべては医療研究開発予算を減らし続けてきて聖域なき削減を行った小泉と研究開発予算だけ聖域なき削減を続ける一方公共投資を大膨張させた安倍首相にある。


 

[ 2021年2月24日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧