アイコン 大阪府はリバウンドか、変異株の襲来か

大阪府はピークの1月10日~16日までの週(週感染者数3710人)から宣言効果もあり減少し続け、2/21~27日までの週(512人)戸と大幅に減り底となった。しかし、その後は上昇傾向にある。リバウンドなのか、感染力が強いとされる英国型変異株が神戸から大阪にも広がり、英国型変異株感染者数は15日現在72人となっており、英国型での拡大なのか、まだ定かなことはいえない。感染者を増加させないためには、感染検査数を増加させ既存株も変異株ももろとも封じ込めるしかなく、大阪府はそれを執行している。

大阪府は東京都より多くの感染検査数を実施し、理に適った検査をしており、今後、極端に増加することはないと見られる。英国型の感染力が想定以上に強ければ少々の感染検査増では英国型に負けてしまう可能性もある。

東京は一時より大幅に新規感染者が減り、小池都庁が検査体制を休憩タイムに入らせたままにしているのか、保健所所長がサボっているようだ。再び政争の道具にするようなことはあるまい。都は日の検査能力が65000件あると昨秋までに公表していたにもかかわらず、検査数も検査体制もぐちゃぐちゃ、小池氏や勝手気ままな保健所長に東京都医師会もへきへきしているのだろうか。

 

0323_04.jpg

 

ベース資料


スクロール→

 

全国

大阪府

 

累積

累積

日平均

11/28

145,484

 

19,628

 

 

11/2912/5

160,924

15,440

22,208

2,580

369

12/612

178,281

17,357

24,657

2,449

350

12/1319

196,802

18,521

26,823

2,166

309

12/2026

218,538

21,736

28,731

1,908

273

12/271/2

242,234

23,696

30,556

1,825

261

1/39

283,169

40,935

33,956

3,400

486

1/1016

325,547

42,378

37,666

3,710

530

1/1723

362,575

37,028

41,069

3,403

486

1/2430

388,159

25,584

43,543

2,474

353

1/312/6

404,798

16,639

44,994

1,451

207

2/713

415,447

10,649

45,884

890

127

2/1420

424,598

9,151

46,556

672

96

2/2127

431,714

7,116

47,068

512

73

2/283/6

438,909

7,195

47,594

526

75

3/713

446,920

8,011

48,214

620

89

3/1420

455,746

8,826

49,058

844

121

 

[ 2021年3月23日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧