アイコン 英医薬品規制庁 アストラゼネカ製ワクチン 接種後に79人血栓発症 19人死亡

7日、報道によると、英国の医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は同国の製薬大手アストラゼネカ(AstraZeneca)製の新型コロナウイルスワクチンについて、国内での接種後にまれな血栓症を発症して死亡した人の数が19人に上っていることを明らかにした。

英当局は血栓症の懸念を理由に、30歳未満の人に対しては同社製以外のワクチンを推奨する方針を発表した。

MHRAによると、英国内で2000万回分の接種が終わった3月31日の段階で、79人がまれな血栓症を発症し、うち19人が死亡。ただMHRAは、こうした症例は「非常にまれ」であり、接種のメリットはリスクを上回ると強調している。

 


 
 

ネットの反応では・・・「コロナに罹った方がマシじゃないのでしょうか」「怖すぎる結果、ワクチン打てないでしょ」「血栓予防の内服薬処方とかしてもダメなの?」「パンを食べている人の50%以上は50年後に死ぬ、じゃなくて?」「見切り発車だからなあ、まあしょうがないんだろうけども」「国産はよ」などの意見が飛び交っている。

 

 

[ 2021年4月 8日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧