アイコン 兵庫県 うちわより異常に少ない感染検査の増加を

 

兵庫県は対策本部会議で、飲食店での感染対策として、会食の際、うちわや扇子を使って口を覆い飛まつを防ぐ「うちわ会食」を呼びかけるとともに、「まん延防止等重点措置」が出されている神戸市など4つの市の飲食店に32万本のうちわを配布することを決めたという。

うちわを配るパフォーマンスより、感染検査増を図ることが先決では・・・・。

うちわでウイルスを追い出そうという魂胆なのだろうか。

一人でも多く感染者を検査で見つけ出し、人様にウイルスを移させないようにするのが行政の仕事、感染者が陰性になるまで隔離すべきところ、行政は検査をやる気がないのか、感染者数に対してあまりにも少ない。

すべてに老化している老人がトップだからだろうか。医療都市を吹聴する神戸市もあまりにも少ない。

感染者が急増しているにもかかわらず、ここ1週間、陽性者一人当たり10人しか検査をしていない。元々検査数が少なすぎる兵庫県。

感染力がこれまでのウイルスより1.3倍から1.7倍強くて若い人も重症化する確率が高いとされる英国型が県民の間で感染拡大しているという意識すらなさそうだ。

 

食事中、会話中にうちわで扇いでしまうと、飛まつを拡散させ、室内気流の関係で飛まつが一部分に滞留する可能性すらある。換気は必要だが、室内気流には死角も発生する。そこに客用の座席があれば・・・。俗に言う吹き溜まりの気流。

兵庫県の感染状況 4/8現在

累計感染者数

21,846

8日感染者数

311

累計検査数

315,413

8日検査数

2,817

 累計陽性率

6.9%

 8日陽性率

11.0%

 直近1週間

10.3%

隔離解除数

18,872

死亡数

599

 致死率

2.74%

現在感染者数

2,375

 入院者数

627

  うち重症

85

 施設隔離

583

 入院調整

602

 自宅隔離ほか

563

 

兵庫県の直近7日間

 

検査数

陽性者数

42

2,283

174

43

1,919

205

44

1,463

210

45

2,613

87

46

1,990

274

47

2,315

328

48

2,817

311

7日間計

15,400

1,589

日平均

2,200

227

陽性率

 

10.3%

・検査数には抗原検査含む

49

 

314

 

[ 2021年4月10日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧