アイコン 歯切れの悪い吉村大阪知事・大阪1130人・兵庫507人感染

 

宣言を視野に考慮していると述べ、いつまでも考慮している若き知事、国の爺さんたちではあるまいし、感染者が1000人も突破しているにもかかわらずシアンクレール若き知事。兵庫まで500人を突破した。

第4波だろうが何だろうが、感染力が強く、重症化リスクが高いとされる581N英国型が兵庫・大阪で猛威を振るっているにもかかわらず、既存株の発想のままのようだ。

英国型は当初神戸で発生していたが、神戸の市長がドンくさいことから封じ込めの感染検査数を一向に増やさず、周辺都市に、通勤圏の大阪市へ、大阪府全体へ感染を拡大させてしまった。最先端の医療都市を目指す神戸市の実態がこれだ。市長交代が求められようか。

感染者の増加とともに死亡者も比例して発生する。それも兵庫県の新コロナ致死率は大都市を抱えるどこの都道府県より高い。それも英国型だ。先が思いやられる。

 


 

[ 2021年4月14日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧