アイコン 感染者4000人突破 英国型変異株 大阪・兵庫で猛威 東京も急増中 4312人感染

 

12月には変異株の国内感染事例の報告があり、2月には感染力が強いとされる英国型による感染が兵庫県で確認され、神戸市を中心に徐々に増加していた。

変異株について国は、検査体制を強化するとしたものの、PCR検査数は増加せず、陽性者ウイルスの変異株検査を各地の拠点保健所で行い、それを感染研に送付し感染研で遺伝子解析を行わせているだけである。それも、4月13日現在、感染研で解析を終えた数は1,141件に過ぎない。

研究機関や民間の研究機関でも遺伝子解析はできるが、政府は感染検査でも大学等にあるスイス・ロシュ製の全自動PCR検査機36台のほとんどを使用させなかったことと共通して、遺伝子解析でも感染研だけに依存している。この國では文春でも取り上げない限り問題にならないようだ。


スクロール→

関西で猛威を振るう変異株 東京で急増中

ほとんどN501Y英国型 

感染力 1.3~1.7倍

重症化率 4050代も重症化リスク大/重症者用ベッド問題

既存ワクチンは有効

 

兵庫

大阪

東京

3/713

 

41.7%

 

3/1420

 

48.6%

 

3/2127

 

65.0%

3.1%

3/284/3

81.2%

73.7%

16.0%

4/410

 

 

25.5%

 

5月予想

ほぼすべて

7585%

・免疫逃避はE484K型で南ア・ブラジル・比型

413日までの1週間の都道府県別変異株数

N501Y型変異株感染者数(英国型)

1週間の変異株総数1525人

東京

319

茨城

42

大阪

273

香川

41

京都

76

三重

39

愛知

67

富山

37

神奈川

63

滋賀

37

埼玉

61

愛媛

36

福岡

60

兵庫

28

岡山

45

岐阜

28

千葉

43

福井

27

 

 

ほか29県

203

・累計変異株感染者数3564人、上記1週間の増加率1.7倍

・感染研で解析終了1141人分、94%が英国型、4/13日まで 

 

↓4/14日までの7日間の感染者数

直近7日間の日平均感染者数は3354人、兵庫+大阪+東京の合計感染者数の構成比は全体の52.3%。

第3波の時に首都圏4都県が国に対して宣言要請を固めた1月2日の全体の感染者数は3,071人、東京都の感染者数は829人だった。当時の全体数および当時の東京の感染者数を大阪はすでに超えている。

今回は英国型が拡がっており、ロンドン・イングランドがそうであったように宣言を発しても収束傾向がなかなか見られないかもしれない。ましては時短では対応できないだろう。

マスクをして一定距離をとっての会話でも感染するというシロモノ。


スクロール→

/14までの7日間の感染者数

 

兵庫

大阪

東京

全国

48

311

957

545

3,498

49

314

927

537

3,498

410

350

991

570

3,767

411

228

827

421

2,843

412

158

602

306

2,104

413

390

1,099

510

3,454

414

507

1,130

591

4,312

7日間計

2,258

6,533

3,480

23,476

日平均

323

933

497

3,354

0415_01.jpg

[ 2021年4月15日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧