アイコン 承認する前に「モデルナ製ワクチン」到着へ 世界各国の接種率と接種数

米バイオ医薬品企業モデルナ社が開発したmRNA型の新型コロナウイルスワクチンが来週にも日本に届く。
製造拠点のある欧州から日本航空が空輸し、関西空港に到着する見通し。
モデルナ製ワクチンは、零下20度で最長6ヶ月、通常の冷蔵庫(2~8度)で1ヶ月保存できる。
既に国内で接種が始まっている米製薬大手ファイザー製に比べて取り扱いが容易とみられる。ファイザー製は長期保存には零下75度前後が求められる。
モデルナ製ワクチンについて、田村厚生労働相は5月にも薬事承認する可能性を示していた。承認申請した武田薬品工業が流通を担う。
以上、

モデルナ製ワクチンは、米ファイザー製ワクチン同様、製法はmRNA型。米国ではこれまでに接種されているが、特に大きな問題は抱えていない。
アストラゼネカ製(AZ製)やJ&J製(=ヤンセン)はベクター型で血栓問題に直面している。
特にAZ製は、WHOや接種国では(国家的思考の)リスクより利益が大きいとして問題視しておらず、接種対象者の年齢制限をかけ接種している国、きっぱり中止や中断を発表した国、接種を継続している国々など様々。

米ファイザー製ワクチンは副作用が少ないことから人気沸騰、日本は米ファイザー製しかまだ承認しておらず、ファイザー製ワクチンの争奪戦に現在のところ敗北し、大きく出遅れている。
すでに多くの国々で各ワクチンは接種され、有効性や副作用報告など取れるものの、日本は臨床治験を行わせ、数ヶ月の承認手続きをさせ、イスラエル・英国からは10周遅れとなっている。何をやってもドンくさい日本國。どうしてこうなったのだろう。

 

日本は、3種以外まだワクチン手配しておらず、血栓問題が生じている契約済のAZ製を承認し接種させるようだ。
承認する前に「モデルナ製ワクチン」到着へ 世界各国の接種率と接種数
米バイオ医薬品企業モデルナ社が開発したmRNA型の新型コロナウイルスワクチンが来週にも日本に届く。
製造拠点のある欧州から日本航空が空輸し、関西空港に到着する見通し。
モデルナ製ワクチンは、零下20度で最長6ヶ月、通常の冷蔵庫(2~8度)で1ヶ月保存できる。
既に国内で接種が始まっている米製薬大手ファイザー製に比べて取り扱いが容易とみられる。ファイザー製は長期保存には零下75度前後が求められる。
モデルナ製ワクチンについて、田村厚生労働相は5月にも薬事承認する可能性を示していた。承認申請した武田薬品工業が流通を担う。
以上、

モデルナ製ワクチンは、米ファイザー製ワクチン同様、製法はmRNA型。米国ではこれまでに接種されているが、特に大きな問題は抱えていない。
アストラゼネカ製(AZ製)やJ&J製(=ヤンセン)はベクター型で血栓問題に直面している。
特にAZ製は、WHOや接種国では(国家的思考の)リスクより利益が大きいとして問題視しておらず、接種対象者の年齢制限をかけ接種している国、きっぱり中止や中断を発表した国、接種を継続している国々など様々。

米ファイザー製ワクチンは副作用が少ないことから人気沸騰、日本は米ファイザー製しかまだ承認しておらず、ファイザー製ワクチンの争奪戦に現在のところ敗北し、大きく出遅れている。
すでに多くの国々で各ワクチンは接種され、有効性や副作用報告など取れるものの、日本は臨床治験を行わせ、数ヶ月の承認手続きをさせ、イスラエル・英国からは10周遅れとなっている。何をやってもドンくさい日本國。どうしてこうなったのだろう。
日本は、3種以外まだワクチン手配しておらず、血栓問題が生じている契約済のAZ製を承認し接種させるようだ。


スクロール→

新コロナワクチン 1回接種済の人口比率 COVID-19

アワー・ワーメド・イン・メーター

 

2021年4月13日現在

接種回数/百万回

1

ブータン

61.8%

 

2

イスラエル

61.6%

10.29

3

英国

47.5%

40.11

4

チリ

38.9%

12.26

5

米国

36.5%

192.28

6

バーレーン

26.5%

0.1

7

ウルグアイ

26.4%

1.13

8

フィンランド

21.5%

1.29

9

カナダ

20.6%

8.6

10

シンガポール

19.3%

1.67

11

アイスランド

17.9%

 

12

オランダ

17.2%

3.78

13

スペイン

17.0%

11.07

14

ドイツ

16.8%

19.24

15

デンマーク

16.8%

1.44

16

ハンガリー

16.8%

4.33

17

ベルギー

16.7%

2.56

18

フランス

16.2%

14.89

19

ノルウェー

16.1%

1.17

20

イタリー

15.7%

13.59

21

ポルトガル

15.7%

2.24

22

ポーランド

15.4%

7.97

23

アイルランド

15.3%

1.08

24

スウェーデン

14.8%

2.12

25

ギリシャ

14.6%

2.28

26

トルコ

13.5%

19.06

27

セルビア

13.5%

2.88

28

スイス

12.9%

1.81

29

モロッコ

12.2%

8.65

30

クロアチア

11.8%

 

31

クウェート

11.7%

 

32

ブラジル

11.1%

30.8

33

アルゼンチン

10.7%

5.57

34

メキシコ

7.5%

12.25

35

インド

7.1%

111.18

36

カンボジア

7.0%

1.45

37

ロシア

6.2%

14.58

38

インドネシア

3.7%

15.6

39

バングラデシュ

3.4%

6.17

40

韓国

2.4%

1.30

41

ジンバウエ

1.4%

 

42

日本

0.9%

1.75

 


スクロール→

日本の購入ワクチン

 

米ファイザー製

1億4400万回分

 

英アストラゼネカ製

1億2000万回分

 

米モデルナ製

5000万回分

 

何れも2回接種必要分

 

SARS-CoV2 ワクチン

 

 

有効率

 

米ファイザー/独ビオンテック

mRNA型

95.0%

 

米モデルナ

mRNA型

94.5%

 

英アストラゼネカ

ベクター型

70.0%

 

米J&J・ヤンセン(1回型)

ベクター型

66.0%

 

露ガマレア

ベクター型

接種中不明

 

中シノバック

不活性化型

5083%

 

中シノファーム

不活性化型

接種中不明

 

追、米申請5月頃予想

 

米ノババックス

組換蛋白質

96.0%

 

2回型

 

開発中の日本勢(ワクチン後進国)

 

アンジェス

DNA型

一部臨床中 

 

KMバイオロジクス

不活性化型

 

塩野義

組換蛋白質

 

第一三共

RNA型

 

IDファーマ

ベクター型

 

武田薬品、J&Jとノババックス製ワクチンを受託製造。AZ製をJCRファーマが原液製造、第一三共とKMバイオが瓶への充填作業を行い出荷する。

 
 
 

 

[ 2021年4月15日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧