アイコン 3回目の新コロナ宣言 東京・大阪・兵庫・京都  ほかは大丈夫か

政府は4月24日、25日から5月11日までの17日間、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象に緊急事態宣言を出すことを決定した。

日本國はこれまで、新コロナウイルス防疫に失敗して宣言を2回発しているが、基準を其の都度コロコロ変え、国民にわかりづらくしている。
前回宣言後に設定した「まん防」にしても、現在指定地と地域独自の規制との違いも、宣言との違いもわかりづらい。休業補償など国が出そうが自治体が出そうが企業には関係ない。それも早く支給すべきだが遅れに遅れている。

例えば、複雑化させず、単純に人口300万人以上の都道府県では感染者が、週平均で100人以上、それ以外は50人以上発生したら「まん防」規制、
それぞれ感染者数が其の倍数になったら、自動的に「宣言」へ移行すべきではないだろうか。

今回の宣言でも、東京以外の首都圏の3県は外し「まん防」のまま、奈良県では感染者が噴出しているがどうするのだろう。福岡も日々200人台が続いている。
現在、全国あちこちで感染者が竹の子状態、爆発する予兆にもなっている。

 

<ロックダウン避けた規制>
日本は集団形成に対して規制していないが、欧米では5人以上の集団形成については罰金を科している。ロックダウン=都市封鎖も徹底している。フランスでは軍隊も配備するほど。
そうした規制強化も必要だろう。

チンタラチンタラ、ダラダラの内容で宣言で規制しても、効果の程度は限られ、ワクチン効果が出る前に第5波も到来させてしまうおそれがある。7月からはオリンピックも始まる予定。

そもそも、日本政府はワクチンとアゴタンのみで収束させる方法しか採用しておらず、ワクチン計画が供給不足や副作用問題から大きく後退しているなか、現在何をすべきか見直すことすらできないでいる。後手後手の対処法のみ。
昨年12月初めから騒がれていた脅威の変異株など、大阪で感染が急拡大するまで想定すらしていなかった。変異株については3月に入り、政府は対策を十分採ると述べていたが、何をとったのだろうか。口先と気持ちだけではなかったのか。

今回、2週間半の限定宣言ならば、多くの感染者を出している都道府県も対象にすべきで、内容も規制最大強化のロックダウンが必要と思われる。
チンタラやれば感染者数は減らず、宣言期間は長引くばかり。そしてより多くの人たちが感染者数に比例して1.5%以上の人たちが命を落としていく。

英国では昨年11月の拡大を受けロックダウン、12月に入りロックダウンを解除したものの、感染力が強い英国型が猛威をふるい12月22日、英国イングランド地方を再びロックダウン、しかし、感染力が強くロックダウン効果が生じるのに長時間を要した。そうした他国の事例と日本の現状をシミュレーションしているのだろうか。

英国ではロックダウンとワクチン接種の相乗効果により、やっと感染者を大幅に減らし、3月下旬から順次規制緩和に入ったが、それでも飲食店は、店外許可のみ、まだ店内飲食は禁止という内容だ。

ケジメを付けるのは日本は得意だったはずだが、明治時代以降、権謀術・有耶無耶政治が蔓延り、戦後はさらにひどくなり、今に至って、新型コロナウイルスがそうした日本國の中枢や自治体を弄んでいる。

<<宣言規制>>
<東京都>

(大阪も規制内容は同じだが、大阪の支給額は24日午前0時現在未定)
●酒やカラオケ設備を提供する飲食店などに対しては休業要請。
これらを提供しない場合は午後8時までの営業時間の短縮要請。
この要請にすべての期間、応じた場合、規模や売上高などに応じて店舗ごとに1日あたり4万円から最大20万円支給。

●デパートなどの大型商業施設は、
床面積の合計が1000平方メートルを超える場合、生活必需品を販売するエリアを除いて休業要請。
要請に応じた場合、
▼大型商業施設には1日あたり20万円、
▼施設内のテナントには1日あたり2万円をそれぞれ協力金を支給。
<東京都>
小池さんは東京へは来ないでくれと(外野席:東京から出ないでくれと言いたい)
▼劇場や野球場、それに遊園地などでイベントを行う場合は、社会生活の維持に必要なものを除き、原則、無観客での開催を要請。
さらに、都民に対しては、
▼日中も含めた不要不急の外出と移動の自粛に加え、都道府県をまたぐ不要不急の移動は極力、控えるよう求める。
大阪・兵庫・京都もほぼ同じ内容。

英国型変異株では若い人も重症化リスクが高く、重症化すればするほど、陰性化したとしても後遺症に悩まされ続けるリスクも高くなっている。
個々人が防疫対策を強化するしかないが、人混みでは不可抗力でも感染もする。
SARS-COV-2感染症は人が媒介している疫病。
人がウイルスを運び、人様に感染させている。自分であったり、あなただったり。
感染していれば吐息からでもウイルスが排出されている。
感染力の強い英国型ではマスク越しの会話でも感染している。
ただ、日本では人口の0.4%しかまだ感染していない。ステルス感染者を入れても1%程度だろう。99%がまだ感染していないのも事実だ。
各自注意するしかない。

画像表参照NHK
0424_01.jpg

0424_02.jpg

0424_03.jpg
 

<感染者数推移>

福岡県は福岡市と久留米・大牟田という福岡市から南へ至る大牟田線沿いに感染者が多くなっている。福岡県では独自に規制に入っている。福岡県と奈良県がヤバそう。

ピンクは宣言指定の4都府県、黄色はマン防措置の県。


スクロール→

4

23

22

21

20

19

18

17

大阪府

1,162

1,167

1,242

1,153

719

1,219

1,161

東京都

759

861

843

711

405

543

759

兵庫県

567

546

563

427

293

402

537

愛知県

284

294

312

190

124

207

230

福岡県

239

268

244

151

118

110

136

神奈川

226

318

252

157

142

220

247

埼玉県

207

233

227

207

118

166

207

北海道

158

153

124

106

78

98

109

千葉県

139

141

112

106

105

145

156

京都府

130

148

128

120

109

116

91

奈良県

91

125

112

80

85

79

91

沖縄県

85

120

95

115

48

92

167

滋賀県

68

41

46

44

29

31

39

三重県

67

68

57

37

15

21

28

茨城県

63

87

62

33

52

47

64

岡山県

62

45

58

38

30

61

53

愛媛県

52

29

53

28

15

48

43

広島県

51

40

37

28

31

30

32

宮城県

25

78

74

53

22

28

65

その他

678

736

651

555

383

425

581

合計

5,113

5,498

5,292

4,339

2,921

4,088

4,796

 

[ 2021年4月24日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧