アイコン 米国の感染者が減り出した ワクチン効果出始める

米国では新型コロナウイルスワクチンの接種が始まってから3ヶ月が経過し、成人の過半数が接種を受けた。
こうした取り組みにより国民の40%以上が接種し、今後、更なる接種により感染者数や死亡者数が劇的に減少していくことになる。
すでに感染者数も死亡者数も減少過程にある。
バイデン米大統領も7月までには集団免疫を構成させ、収束させると断言している。

ただ足元では、ミシガン、ミネソタ、ペンシルバニア州などが変異株の猛攻にさらされ、3月下旬から4月17日までの週は全体でも少し増加している。その一部の州の増加とワクチン効果のせめぎ合いが続き、ワクチン接種者がその間も増加し続けたことにより、やっとワクチンが勝利した数値の流れになってきている。そうした州を除けばすでに減少し続け、多くの州で大幅規制緩和に入っている。

 

また、感染死亡者数は1回目ワクチンでも重症化率が下がることから、そうした感染大の州を含めても減り続けている。
ただ、1日の接種者数がピークには300万人を超えていたが、直近では大幅に減り、150万人前後まで減っており、さらに減少するならば大きな課題となっている。

米ファイザー製ワクチンは1回目でも80%の有効率とされるが、免疫逃避のE484K(ブラジルや南ア型)変異株の場合、ファイザー製でも有効率が落ちるとされ、2回接種が必要なようだ。

ワクチン効果は、米国でもすでに英国やイスラエルに見られるように集団免疫が徐々に形成され感染者数がはっきり減少することになる。
(但し、今後、mRNA型のファイザー製やモデルナ製ワクチンでも効果がないE484K型変異株が出現し、猛威を振るえば其の限りではない)
以上、資料は米CDC、ワールドメーター、アワーワールドインメーターなどの公表数値による。


スクロール→

USA

集団免疫構成

 

 

要人口

人口

327,000,000

228,900,000

累計感染数

32,824,389

 

累計死亡数

586,152

 

 致死率

1.79%

 

ワクチン OWM

425日現在

要人口比

接種回数

225,640,000

 

人口比接種回数率

67.47%

98.5%

人口比接種率

41.46%

59.2%

2回以上接種者数

93,080,000

 

人口比2回以上接種率

27.8%

40.7%

 

↓米国の感染者数と死亡者数推移、週の日の平均数推移

4月25日の分は単独日の数値を掲載。


スクロール→

米国 

 

感染

感染死

 

日平均

12/271/2

211,735

2,797

1/39

250,621

3,288

1/1016

229,077

3,468

1/1723

180,582

3,253

1/2430

156,313

3,264

1/312/6

120,564

3,052

2/713

98,356

2,598

2/1420

70,651

1,978

2/2127

70,462

1,984

2/283/6

61,706

1,837

3/713

55,999

1,319

3/20

56,498

1,082

3/2127

61,845

1,001

3/284/3

66,779

873

4/410

68,698

760

4/114/17

71,300

744

4/1824

59,647

729

4/25

34,736

273

 

↓米国の感染者数と死亡者数推移、週の日の平均数推移

4月25日の分は単独日の数値を掲載。

0424_10.jpg

[ 2021年4月27日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧