アイコン 医療パニックの大阪の感染者数ほかの月別推移

大阪や兵庫では重症者用ベッドは亡くならなければ空かない状況が続いており、大阪ではすでに重症者を中等症用ベッドで対応しているという。人が亡くなりベッド空いてもウイルスや衛生上の問題があり、清掃等の手続きを踏まなければ即使用はできない。現実には高齢者施設の感染者などはその施設で隔離したまま、僅かな移動看護師の看護などだけで多くの人たちがそのまま亡くなっているという。

 大阪では5月12日現在入院調整中の人たちが3,298人おり、自宅で待っている。ホテルなどの施設ならば看護師が付いておろうが、自宅て待機しながらそのまま亡くなっている。

また、新コロナ特有の急変により自宅隔離している人たちも亡くなっているという。

北九州市では自宅隔離する人には血中酸素濃度の計測器を貸し出し、自己管理してもらい、数値が下がったら異常であり、いつでも管理センターに連絡できる体制を採用しているが、大阪のバタバタ劇を見ていると、そうした事前の用意もされていないだろう。

 

スクロール→

大阪の月別感染者数と致死率推移

 

 

感染者数

死亡数

致死率1

致死率2

1~10

12,753

242

1.90%

1.90%

3

20/11

7,517

78

1.04%

2.55%

12

9,766

259

2.65%

21/1

13,721

347

2.53%

2

3,365

191

5.68%

4

3

5,080

67

1.32%

1.60%

4

28,981

272

0.94%

5/15/12

10,852

379

3.49%

宣言・まん防解除の月まで

 

累計

92,035

1,835

1.99%

 

 

感染者発生から死亡に至るまでには3週間かかっている。

4月の日平均感染者数966人、5月の12日までの日平均は904人でまん防+宣言効果により新規感染者数は減ってきている。


スクロール→

大阪の病床状況

55日現在/厚労省

病床

2,466

使用数

2,051

使用率

83.2%

 うち

 

重症床数

601

使用数

483

 使用率

80.4%

厚労省と大阪府とでは病床の認識に大きな違いがありすぎる。


スクロール→

新コロナ 512日現在の感染者の状況

大阪府資料

累計陽性者数

92,035

 

現在感染者数

21,812

100.0%

 入院者数

2,087

9.6%

   うち重症

389

(1.8%)

 自宅隔離

14,967

68.6%

 施設隔離

1,460

6.7%

 入院調整中

3,298

15.1%

死亡数

1,835

 

他県管理

892

 

隔離解除数

67,496

 

大阪府資料

重症用床数

354

 

  使用数

345

 

  使用率

97.5%

 

軽中等症用床数

2,249

 

  使用数

1,742

 

  使用率

77.5%

 

過去1週間10万人当たり

69.63

←感染者

       

 


スクロール→

5月の大阪・兵庫の感染者数と死亡者数

 

大阪

兵庫

 

感染者数

死亡数

感染者数

死亡数

51

1,260

41

539

13

52

1,057

16

537

12

53

845

19

340

2

54

884

20

332

4

55

668

25

327

13

56

747

28

281

4

57

1,005

50

493

39

58

1,020

41

567

6

59

873

19

365

8

510

668

15

271

19

511

974

55

377

14

512

851

50

384

7

112日計

10,852

379

4,813

141

 

[ 2021年5月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧