アイコン 2回目の接種、12週間後では抗体誘導効果高まるデータ

米ファイザー製ワクチンは承認時点での臨床データは3週間間隔での接種を前提としていたが、実はこの間隔を延ばした方が効果が高まるかもしれないと報道されている。
こんなデータが英バーミンガム大学と英国公衆衛生庁との共同研究によって示された。

実験では80歳以上の高齢者175名を対象とし、参加者のうち99名は現状の規定通り3週間後に2回目の接種を行った。残りのうち74名は12週間後に接種し、実験途中で感染歴が判明した被験者は除外された。
2回の接種完了後に血液サンプルを分析したところ、いずれの接種者もウイルスの表面に存在しヒトの細胞に侵入する足掛かりとなる「スパイクタンパク質」への抗体が確認された。
抗体の平均濃度を比較したところ、12週後に接種したグループは3週間後に接種したグループよりも3.5倍高いという結果が得られた。
ファイザー製ワクチンについてこの傾向を確認した研究は今回が初となる。

なお、本論文はプレプリントであり、現在正式な査読を待っている状態。
類似の研究としてはオックスフォード大学が2月、アストラゼネカ製ワクチンについて同様の傾向を確認している。当該の既存研究は著名医学誌『ランセット』に掲載されている。
同研究によると、2回目接種から14日後時点での発症を防ぐ有効率は、6週間未満の接種間隔の場合で55.1%だったのに対し、12週以上間隔を空けた場合は81.3%と高かった。
こちらの研究は高齢者に限らず、18歳から65歳までを対象としている。

 

イギリス戦略の妥当性が裏付けられる
2回目およびそれ以降の接種は、抗体の誘導効果を高めるための「ブースターショット」と呼ばれる。
イギリス政府は昨年末、やむを得ずブースターショットの実施を遅らせるという判断を行なっている。
これは本研究の内容と関連したものではなく、ワクチンの供給量が限られるなかで接種人口を拡大するためのいわば苦渋の選択だった。
一人あたりの免疫効果を多少犠牲にしてでも、接種人口の拡大を優先しようという戦略だった。
イギリス国内では、この動きを支持する意見が出る一方、臨床試験の実施前提とかい離が出ることから、反対論も根強かった。
規制当局による当初の承認は、3〜4週間の投与間隔に基づいて得られたデータを基にしている。
しかし、ブースターショットを遅らせることでより高い免疫効果が得られるのであれば、社会単位だけでなく個人単位での免疫という視点でも、むしろ長期的にプラスの効果を生んでいたことになる。
英テレグラフ紙は「政府の戦略の明らかな援護」になる結果だと述べており、2回目の接種を遅らせる政策には結果として妥当性があったと評価している。
以上、英紙等

ファイザー製の場合、1回目で80%の有効性を示すとされ、2回目接種で94%前後とされている。
2回目接種は3週間後となっているが、遅らせれば、その分ワクチン量は少なくてすむ。ただ、20%には有効性が低く、感染するリスクもある。2回目を接種することで1回目の有効性で低かった人が規定値の有効性に至る。
ファイザー製の場合、2回目での接種の副作用は高いとされており、3週間を6週間開けた場合の副作用の程度はどうだろうか。
以上、

UAEではワクチンをいくら打っても効果が芳しくないため、3回目の接種を敢行しだしているという。もちろんワクチンは中国製だ。1月のピーク3千人台が4月2千人台となり、やっと1千人台となっている。この間増加していないことだけでもワクチン効果があったとも見られる。

チリは2回目接種より1回目を接種を優先させてきたが、減少しないため、2回目接種を優先させる政策に転換している。
しかし、食塩水で希薄させすぎたのか、体質的に合わないのか、なかなか感染者数も死亡者数も減っていない。
ファイザー製などのワクチンでは、これまでの各国のデータで1回目以上の接種者が人口の4割以上、2回目接種者3割以上で感染者数は明らかに減少をたどっている。

イスラエルは1回目以上の接種者62.8%、2回目の接種完了者58.89%で新規感染者数波大幅に減少してきている。1月のピークは1万人、最近は100人台。(接種者数がこれ以上増加しないのは、超正統派のユダヤ教の聖職者や信者が100万人あまりおり、特別法により法規制も受けず、ロックダウンも命令されず、周囲が逆ロックダウンしてきた経緯があり、ワクチン接種などしない。残り2百万人あまり=人口の2割は宗教に関係なく接種したくない人たちと見られる)

中国製は有効性が50%から83%、地域によって大きく異なると報告してされているが、詳しいことは報告されず不明のまま。副作用も含めそうした報告をしない中国製ワクチンをデドロス親中毒者は承認している(WHOが5月認可したのは国営企業シノファーム製)。


スクロール→

5月18日

UAE

チリ

ワクチン種

中国製ほか

人口(人)

9,994,000

19259000

接種件数

11,490,000

16,570,000

 人口比

116.1%

86.7%

1回以上接種数

5,080,000

9,080,000

 人口比

51.4%

47.5%

2回完了人数

3,840,000

7,490,000

 人口比

38.8%

39.2%

 

 

累計感染数

548,681

1292096

累計死亡数

1,637

27934

 致死率

0.30%

2.16%

アワー・ワールドインデータ版

 

[ 2021年5月19日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧