アイコン 「パチンコ業界事情 ボッタクリ営業増加とホール倒産ラッシュ」「倒産と隣り合わせの飲食店店主たち」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ

 
 

倒産バナー


「コロナ禍になって禁酒の今が一番厳しい」 ‟倒産”と隣り合わせの飲食店店主たちの‟悲痛な叫び
食と酒にまつわる「ひと」と「時代」をテーマに取材を重ねてきた井川直子さん。井川さんは2020年の第一波のさなか、緊急事態宣言を受けて過酷な判断を迫られるシェフや店主たちの声を集め『シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録』(文藝春秋)にまとめた。あれから1年。シェフたちはどのような思いを抱いているのだろうか。


新型コロナ 飲食店を守ることも「いのち」を守ること 意見広告「獺祭」社長の思い
飲食店を守ることも日本の「いのち」を守ることにつながります――。海外でも人気の日本酒「獺祭(だっさい)」の蔵元、旭酒造(山口県岩国市)が日本経済新聞の1ページを使い、新型コロナウイルスの影響で深刻な打撃を受けている飲食業界の窮状を訴えた意見広告が反響を呼んでいる。「批判覚悟」で広告を出した桜井一宏社長(44)に思いを聞いた。

パチンコ業界事情 「北斗無双」など旧基準機設置延長が招くボッタクリ営業増加とホール倒産ラッシュ

連休前に発出された第3次緊急事態宣言。「短期間で集中的に感染を抑制する」と当初は連休明けに期限が設けられていたものの、政府関係者以外の全ての国民が予想していた通りに延長が繰り返される結果になった。

いつ解除されるのか先が全く見通せないなか、パチンコ業界は基本的に休業要請に応じず(※正確には各ホールの判断に一任)営業を続けているのは、昨年同時期の最初の緊急事態宣言下との大きな違い。

それでも宣言が発出されている状況では、特に感染リスクが高いとされる年配層のファンが減少しており、ホールの経営環境は厳しいままである。

 

パチンコ業界事情 について、ネットの反応では・・・

「休業要請応じないくせに文句言うなボケなす」

「6号機自体、行政がパチ屋全部無くなれって思ってるんだろ」

「俺だったら職変えるわ」

「やっと隣国のようにパチンコ屋が消えるのか、韓国は数年で消えたのに日本は長かったな」

「もう時代が変わったんだよ、諦めろん」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年6月 7日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧