アイコン クレーム殺到 大阪で「表現の不自由展」を会場側利用承認取り消しへ

報道によれば・・・

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で展示が一時中止となった企画展「表現の不自由展・その後」の出展作品の展覧会が来月中旬、大阪市内で開かれる予定だったが、会場の指定管理者が利用承認を取り消したことがわかった。25日付。抗議のメールや電話が殺到するなどしており、開催当日の安全確保が難しいと判断したという。

展覧会は7月16~18日、大阪府の施設「エル・おおさか」(大阪市中央区)で開かれる予定だった。「エル・おおさか」は府が所有する施設で、大阪労働協会などでつくる共同事業体「エル・プロジェクト」が指定管理者を担っている。

以上、報道より参照


 

スポンサーリンク
 
 

ネットの反応では・・・

「そりゃ取り消すだろ」

「クレーム側はサヨク連中か」

「馬鹿か、中国でタンクマン出展して捕まってから言え」

「反日どもがクレーマーになってる事実をみんな知らないからな、マスコミが騙してる」

「まともになりかけてる・・・のか?」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年6月26日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧