アイコン 「コロナ倒産、累計1800件に」「幻となった五輪特需」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ

 
 

倒産バナー

止まらないコロナ倒産、累計1800件に

東京商工リサーチ(TSR)がまとめた新型コロナウイルスの影響を受けた企業倒産(弁護士一任・準備中を含む)が、2020年2月からの累計で1800件を超えた。7月は既に90件で、月別最多タイの165件を記録した6月並みのハイペースで推移する。

負債1000万円未満の90件を含め、16日時点で1807件。「飲食業」が325件で最多、「建設業」が176件で続く。「製造業合計」は226件。


幻となった「五輪特需」 感染拡大、無観客が宿泊業者に追い打ち

開催決定当時、「五輪特需」と表現された東京オリンピックの経済効果への期待は新型コロナウイルスの感染拡大で幻に終わろうとしている。ほぼ全ての会場が無観客での開催となり、経営に苦しむ観光や宿泊などのサービス業にも金が落ちない。

 「死者や重症者が増えていないのならば、緊急事態宣言の必要はなく観客を入れるべきだった。世論が許さなかったのだろうが、それでは経済は立て直せない」。あるエコノミストは、経済活動と感染症対策の間でふらつく中途半端な政府の姿勢を厳しく批判した。


熱海土石流事故で太陽光発電への「逆風」さらに強まる

太陽光発電に「逆風」が吹き荒れている。2021年7月に発生した熱海市の大規模土石流事故で、「最寄りの太陽光発電所が原因ではないか」との風説が流れているからだ。このところ太陽光発電事業者の大型倒産も相次いでおり、「踏んだり蹴ったり」の状況だ。太陽光発電に再び「陽がさす」日が来るだろうか?土石流が発生した場所は太陽光発電所のオーナーが所有する土地ではあるが、ソーラーパネルの設置場所ではなく、発電所建設とは別の目的で開発された。

 

幻となった「五輪特需」についてネットの反応では・・・

「観光業は悲鳴どころじゃないんじゃない?」

「五輪はやるな、でも経済は立て直せってこと?」

「まあ予想できたことではあるが、もうコロナと共存するしかないわけで。でもマスコミもうるさいし」

「日本て重症患者も死者も海外と比べたらかなり少ない。逆に海外の方が経済まわしまくってるし」

「自民党は潰れて欲しいけど、経済は立て直せって無理ゲじゃね?」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年7月20日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 
  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧