アイコン 「コロナ関連倒産で飲食店が300件超え」「企業「あきらめ」深刻化」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ


倒産バナー


 新型コロナウイルス関連倒産、「飲食店」が300件超え ― 7月27日16時時点

PR TIMES2021年7月27日16時現在、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産〈法的整理または事業停止(銀行取引停止処分は対象外)、負債1000万円未満および個人事業者を含む〉は全国に1802件(法的整理1664件、事業停止138件)確認されている。1億円未満の小規模倒産が1026件(構成比56.9%)を占める一方、負債100 億円以上の大型倒産は5件(同0.3%)にとどまっている
発生月別では「2021年3月」が177件で最多。昨年11月に発生した感染第3波と年末年始の需要消失、そして、年明けの緊急事態宣言の再発出の影響によって2020年12月以降の増加が顕著となるなか、年度末となる3月以降に急増。現時点で7月発生の倒産は74件確認されているが、3度目、4度目の緊急事態宣言の影響で今後も増加し続ける見込み


企業「あきらめ」深刻化 上期の旅行業休廃業・解散が過去最多に

1~6月に休廃業・解散した旅行業の企業が前年同期に比べて約2倍の96件となり、過去最多になったことが26日、帝国データバンクの集計で分かった。ホテル・旅館業も約1・6倍の104件で過去2番目の多さ。新型コロナウイルス禍で政府の観光支援策「Go To トラベル」の停止や、東京五輪・パラリンピックの海外観客の受け入れ断念などで事業の先行きが見通せず、「あきらめ型」の企業活動停止が増えたとみられる。

スポンサーリンク
 
 

有名フィギュアメーカー イベントと中国生産中止でコロナ破綻

アクアマリンはフィギュア製造を手掛けていた同人サークルのメンバーが集まり、2011年10月に東京都板橋区で創業。設立時から一定の顧客層を持って営業を始め、高品質のフィギュア製造を強みとしていました。東京商工会議所の板橋支部が認定する高度な技術を使った製品「板橋ファインワークス」に選ばれるなど、造形技術や企画力に定評がありました。

 

コロナ関連倒産で飲食店が300件超えについて、ネットの反応では・・・

「個人事業主とかはそのまま廃業してるのが多いから、全体ではもっといるんじゃないかな」

「協力金が遅れてるとかいわれてるけど大丈夫なのか」

「まあどうしたらいいかわからず途方に暮れてる飲食業の人ら多そうだよね」

「まさか、コロナがまだまだかかりそうとか誰が予想したろうか」

「中国資本から買われてるって聞くぞ、ちゃんとやれや政府」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年7月28日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧