アイコン 猛威を振るうデルタ株等8ヶ国比較検証 ワクチン効果は

世界では先進国中心にワクチン接種が進んでいるが、中国のワクチン外交より新興国でもワクチン接種が進んでいる国も多い。しかし、デルタ=インド株や南米株に対してワクチン効果が発現していない国も多くなってきている。

当然、感染者拡大国ではロックダウン等規制強化しており、その効果とワクチン効果の相乗効果で減少している国も多い。

ここで問題になっているのはワクチンの有効性、チリやウルグァイ、モンゴルでは中国のシノバック製を接種しているものの、減少していてもその効果が規制強化によるものか、ワクチン効果なのか定かではないほど、ワクチン効果が出てきていない。

そのためブースターショット(追加接種)により3回目の接種を検討している国も多くなってきている。

また、有効性の発現が感染者増で見えない国やワクチンが足りない国では、交差接種(異なるワクチン接種)を検討している国もあるが、ワクチンの製造方法がまったく異なるため、それぞれのワクチンで適合できるか治験が前提となろう(カナダ当局は交差接種は有効だと表明している/韓国もワクチン不足から導入検討)。

インド株については、すでにさらに凶暴化したDELTA Plus株がイギリスやインドで検出され拡がっているという。

 

日本は、こうしたインド株=デルタ株にも有効性が高いファイザー製を接種していることから、ワクチンの接種が進むに連れ、その効果が発現してくるものと見られる。
ただ、デルタ株に対しては1回接種での有効性は低く(33%/英保健省)、2回接種が前提条件になっている(有効性88%)。

日本はモタモタ政治により周回遅れでワクチン接種をスターとさせており、その効果が出てくるには日平均で100万回接種したとしてもまだ2ヶ月以上必要な状態でもある。
 
さらに、ウイルスを持ち運んでいるのは一般の人たちであり、高齢者や医療関係者の接種が進み、数値上の接種率が上昇しても、一般の人たちの接種率が高まらなければ感染者の増加をワクチンで抑え込むことはできないだろう。

一般の人たちの接種率か35~40%以上になれば、ワクチン効果が発現してくるものと見られる。

ファイザー製は1回接種でも重症化率が緩和されるとしているが、それは英国株までの検証であり、デルタ株では2回接種して感染しないように心がけるしかない。
モデルナ製もデルタ株に有効性が示されたとCEOが発表したが、ファイザー製よりかなり落ちる。また、利用した基本データ数も少なすぎる。

英国株よりデルタ株の重症化率は2倍高い(英保健省)とされ、単純に第4波の半分の感染者で病院がパニックになる可能性を秘めている。
世界中から人が集まる東京五輪の祭典、DELTA Plus株の侵入を食い止めることは現行の水際対策では困難と見られる(これまでも入国者全員を7日以上施設で隔離してこなかったがためインド株の侵入となっている)。

なお、下記表では英国、ロシア、モンゴル、インドネシア、マレーシアではインド株=デルタ株が猛威を振るい、ウルグアイ、チリ、コロンビアは免疫逃避があるとされるブラジル型なのかは発表されていない。
ただ、英国、ウルグアイ、チリは高い接種率にもかかわらず、感染者が急増したり、高止まりの感染者が出続けている。
次から次に発現する変異株に対するワクチンの有効性の問題、ワクチン効果の限界が見えているともいえる。

下記データの出典は、感染者数はWorld Meter、ワクチン接種はOurWorldinDataの7月1日更新分によるもの。

 


スクロール→

 

主ワクチン

百人当り

1回以上

2回完了

英国

AZ6

114.7

66.1%

48.7%

ロシア

スプートニクV

27.4

15.6%

11.9%

モンゴル

シノバック

114.9

61.7%

53.3%

インドネシア

シノバック

15.6

10.7%

4.9%

マレーシア

 

6.1

3.4%

2.8%

ウルグアイ

シノバック

113.3

65.3%

48.1%

チリ

シノバック

118.9

65.9%

55.1%

コロンビア

シノバック

35.9

22.6%

13.6%

日本

ファイザー

35.5

23.4%

12.0%

・1回以上と2回完了は人口比

 


スクロール→

 

2月

3月

4月

5月

6月

イギリス

4,163,734

4,330,170

4,406,870

4,483,788

4,800,907

  :月間

357,284

166,436

76,700

76,918

317,119

 日平均

12,760

5,369

2,557

2,481

10,571

ロシア

4,246,079

4,545,095

4,805,288

5,071,917

5,538,142

  :月間

395,640

299,016

260,193

266,629

466,225

 日平均

14,130

9,646

8,673

8,601

15,541

モンゴル

2,907

8,447

35,979

58,439

115,478

  :月間

1,128

5,540

27,532

22,460

57,039

 日平均

40

179

918

725

1,901

インドネシア

1,334,634

1,511,712

1,668,368

1,821,703

2,178,272

  :月間

256,320

177,078

156,656

153,335

356,569

 日平均

9,154

5,712

5,222

4,946

11,886

マレーシア

300,752

345,500

408,713

572,357

751,979

  :月間

85,793

44,748

63,213

163,644

179,622

 日平均

3,064

1,443

2,107

5,279

5,987

ウルグアイ

57,994

105,549

198,428

294,503

369,350

  :月間

16,256

47,555

92,879

96,075

74,847

 日平均

581

1,534

3,096

3,099

2,495

チリ

825,625

995,538

1,198,245

1,384,346

1,555,902

  :月間

98,516

169,913

202,707

186,101

171,556

 日平均

3,518

5,481

6,757

6,003

5,719

コロンビア

2251690

2,406,377

2,859,724

3,406,456

4,240,982

  :月間

156,806

154,687

453,347

546,732

834,526

 日平均

5,600

4,990

15,112

17,637

27,818

 

[ 2021年7月 2日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧