アイコン 日本人5人死亡のインドネシアのデルタ株猛攻 感染推移

インドネシアは人口が多く、ワクチン接種も進んでいない。中国のワクチン外交で取得したシノバック製のワクチンを主に接種しており、武漢発インド変異株株=デルタ株においてはその有効性も疑われるものになっている。

すでにこれまでのアルファ株=英国株でもシノバック製は有効性が低いとして中東やシンガポールなど多くの国がブースターショット(3回目の接種)を行っている。

そうした中、インドネシアではデルタ株が猛攻しており、歯止めがかからない状態に陥っている。首都ジャカルタでは対応病院が100%以上になっており、危機的状況にある。

7月1日~6日までにインドネシア在住者や日本企業の駐在者で計5人が感染して死亡している。日本企業は駐在者をインド並み対応で帰国させることが必要だろう。

インドネシアでのデルタ株の致死率は、まだ感染拡大中のためデータは取れないが、累計では2.64%と大阪の4月~5月までの致死率に匹敵する。

インドネシアの首都の病院ではすでにパンクしており、致死率は飛躍的に高まるおそれもある。
(大阪は4月~5月までの致死率は2.77%/7月7日までの総累計では2.58%)

インドネシアでは日に100万回接種しても1年間で3.65億回しかならず、さらに有効性そのものの問題と有効性の期限の問題があり、新規感染者がくすぶり続けることになる。

 

 

スクロール→

インドネシアのワクチン接種状況

アワーワールドインデータ版

7月7日更新分

減少過程へ

集団免疫

 

 

40%

70%

人口(人)

276,440,000

110,576,000

193,508,000

 必要回数量

 

2.2億回分

3.9億回分

接種総回数

47,440,000

 

 

 百人当り

17.35

 

 

1回以上接種者数

33,180,000

 

 

 人口比

12.10%

達成率

2回完了者数

14,270,000

12.91%

7.37%

 人口比

5.20%

 

 

ワクチン種類

中国シノバック製

有効性不明

COVAX経由

 

 

感染者数の状況

直近感染者数

累計感染数

2,379,397

75

29,745

累計死亡数

62,868

76

31,189

 致死率

2.64%

77

34,379

※感染者数はワールドメーター版参照

 

↓インドネシアの感染車数の推移

4月3日までの週から直近週までの各週感染者数を日平均にした数値および7月4日~7月7日間での新規感染者の実数。

0708_01.jpg

[ 2021年7月 8日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧