アイコン 大塚家具がヤマダHDの完全子会社へ 8月30日上場廃止に


報道によれば・・・

大塚家具は29日、東京都内で株主総会を開き、ヤマダホールディングス(HD)の完全子会社になることを正式に決定した。

経営方針を巡る創業家内の対立が注目を集め、大塚久美子氏が父親・勝久氏を追い出す形で経営権を握ったが、業績は悪化。今後は家電やリフォームを組み合わせた販売手法で再建を図る。

株主総会では、株主の男性が古参の取締役を名指しして「結果的にヤマダHDに吸収され、事実上、大塚家具はなくなる。どう考えているのか」などと苦言を呈する場面もあった。すでにヤマダHDは大塚家具株の過半数を保有しており、完全子会社化の議案は賛成多数で可決された。8月30日でジャスダック市場を上場廃止となる。

以上、報道より参照

 

スポンサーリンク
 
 

 

ネットの反応では・・・

「来年あたりにはヤマダ家具かな」

「娘・・・、親父は笑ってるんだろうな」

「娘さんはいまコンサル業やってるんだっけ?需要ないでしょ」

「株はヤマダの株に交換されたんだっけ、まあもともと屑株だし大丈夫でしょ」

「だいたいヤマダはどこを目指してるんだろう」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年7月30日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧