アイコン 米国 29日9万人の感染者数 デルタ株の猛攻で感染者急増中

新型コロナウイルスのデルタ変異株が感染者急増をもたらしている。

米ミズーリ州では、医療機関はこれまでに比べて若い年齢層の患者への対応に追われている。

こうした患者は従来よりも急速な症状悪化に見舞われている。

同州の病院マーシー・ヘルスシステムで入院患者の治療に当たる医師レイチェル・キーチ氏は、「彼らは、より高濃度の酸素を、より早く必要としている。それでも病棟医にできることは限界に達し、急いで集中治療室(ICU)に移す必要が生じている」と話す。

米国の新型コロナ感染による死者数は、昨年のピーク時に比べれば大幅に少ない水準で推移している。
しかし、ミズーリ州での不吉な数字は米国の他の地域にも警鐘を鳴らしている。
同州では、人口10万人当たりの新規入院患者数が6月初旬から前週末までに3倍以上に増加した。
年齢別では、40代が約400%増と最大の伸び。それに比べれば小さいものの、60代以上も大幅な増加となっている。
こうした傾向がどの程度広がっているかは定かではないが、キーチ氏が勤める病院の例は、ワクチンの存在があっても感染力の強い変異種が、米国のコロナ禍の様相を変えていることを示す一例だとのべている。

米国ではワクチンは十分な量が確保されているにもかかわらず、接種完了者が人口に占める割合は約半分で、アラバマ、ミシシッピ両州では約3分の1にとどまる。

 

この遅れが、感染収束に向けた国の取り組みを妨げている。中西部や南東部の感染ホットスポットでは、病棟のみならずICUも受け入れの限界に達しており、人員も不足している。
新型コロナ感染症は今や大部分で予防可能となっているだけに、ウイルスとの闘いで消耗してきた医療従事者の間では接種の遅れに対する不満は特に強い。

いくつかの重要な数字は、状況が悪い方向に進んでいることを示す。
米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は22日の会見で、ここ1週間の1日平均の新規感染者数が53%増え、入院患者数は約33%増えたと語った。
感染症例の約40%は、ワクチン接種率が相対的に低いフロリダ、テキサス、ミズーリの3州が占める。
ワレンスキー氏は、米国が「新型コロナ感染で再び重要な局面」を迎えていると語った。
以上、

日本も医療従事者や高齢者の接種は進んでいるが、65歳未満の接種は1回目にしても20%にいたっていない。2回接種完了者は1ケタ台だ。


米国の12月からの感染者数推移
昨年11月の大統領選挙ではトランプ共和党は激戦区で大集会を開催、屋内ホールでマスクなし、歓呼、負けては国会議事堂乱入事件の無法地帯に化かしたものの、1月にバイデン新大統領が就任し、選挙熱・トランプ熱は下がり、変わってワクチン接種を急拡大させ、6月まではその効果もあり、感染者数は大幅に減少してきていた。そうしたことを踏まえ、規制も大幅に緩和されたり、撤廃されたところもあった。
しかし、規制緩和もあり、まだ未接種者数も多く、7月からはその間隙を感染力が強いデルタ株が攻撃、瞬く間に大幅な感染者数が発生している。
1、まだワクチン接種率が低い州があること。
2、貧困街や不法移民者たちが暮らす人口密集地の接種率が低いこと(活動活発な若い人たちが多い)
3、ワクチン接種を忌避する人たちも多いこと、宗教は別にしてもトランプ支持者にも多い
4、規制緩和が進み、ほとんどの州でマスクなしまで規制が緩和されていること。
などが上げられる。

↓下記表の感染者の数値はワールドメーター版による。


スクロール→

米国感染者数推移

 

累計

日平均

11月

14,079,845

 

 

12月

20,630,789

6,550,944

211,321

1月

26,929,566

6,298,777

203,186

2月

29,389,651

2,460,085

87,860

3月

31,226,723

1,837,072

59,260

4月

33,185,582

1,958,859

65,295

5月

34,145,929

960,347

30,979

6月

34,339,371

193,442

13,817

7月

35,584,272

1,244,901

42,928

 

 

 

 

7/25

 

 

54,473

7/26

 

 

52,397

7/27

 

 

80,710

7/28

 

 

84,513

7/29

 

 

92,485

 

0730_02.jpg

 

↓ワクチン接種率

米国でのワクチン接種状況は、1回以上接種者数が人口比で50%を超えたあたりから急速に新規接種者数が減少している。まだ、未接種者数が1億44百万人おり、いくらでも感染者が増加する余地がある。

感染者が急増しているにもかかわらず、規制はマスクをしようと呼びかけることくらいしかしていない。


スクロール→

米国 ワクチン接種率

人口

334,000,000

 

7月27日公表分

人口比

総回数(百人当り)

343,360,000

102.67

1回以上接種者

189,490,000

56.70%

接種完了者数

163,590,000

48.90%

 


スクロール→

米国 729日の感染者数

 

 

感染者数

死亡者数

 

 

累計

7/29

累計

7/29

USA Total

35,584,272

92,485

628,492

398

3

Florida

2,597,290

17,589

38,896

56

2

Texas

3,118,576

11,893

53,381

39

1

California

3,945,301

9,314

64,377

43

7

Georgia

1,175,845

4,612

21,665

11

23

Louisiana

536,366

4,414

10,968

20

9

North Carolina

1,044,877

3,268

13,618

12

18

Missouri

672,586

2,982

10,289

 

30

Arkansas

382,569

2,843

6,110

11

13

Tennessee

891,331

2,586

12,730

8

4

New York

2,207,246

2,412

54,226

10

19

South Carolina

614,912

1,879

9,904

10

25

Oklahoma

478,858

1,806

7,485

 

6

Pennsylvania

1,228,140

1,763

27,944

5

12

Arizona

923,204

1,759

18,200

15

5

Illinois

1,417,263

1,691

25,908

15

24

Kentucky

481,001

1,570

7,327

2

14

Indiana

769,875

1,251

13,999

6

8

Ohio

1,126,625

1,205

20,490

 

28

Utah

431,256

1,113

2,450

3

16

Virginia

693,206

1,101

11,525

3

10

New Jersey

1,037,052

1,077

26,590

2

22

Colorado

573,907

1,053

7,202

12

17

Wisconsin

686,013

1,013

8,287

 

以上、729日に1000人以上の感染者が出た州

 

[ 2021年7月30日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧