アイコン 韓国の感染者急増とワクチン接種状況、日本との違い

韓国のワクチン接種状況は7月30日更新分で、
接種総回数は25,576,516回、
1回以上接種者数が18,729,701人(人口比36.5%)、
接種完了者数は7,061,508人(人口比13.8%)となっている。
接種ワクチン内訳は、
AZ製52.1%、
ファイザー製が40.7%、
モデルナ製と一回完了型のJ&Jヤンセン製の計が7.2%となっている。

30日、当局はまだ接種が開始されていない18歳から49歳までの人たちは8月26日から接種が開始されると発表した。
対象の推定人口は2,330万人、これから優先接種の医療従事関係者推定300万人、韓国軍推定60万人、基礎疾患者等推定50万人を差し引き、対象者は推定1,970万人あまり(全人口の約38%)となる。別途15~17歳は約150万人おり、高齢者でまだ接種していない人たちもいる。
韓国も一番活動が活発で感染者の発生数が多い世代の接種が遅れており、デルタ株による感染急拡大の余地を残している。

 

<日韓の防疫体制の根本的な相違点>
ただ、日本と異なり韓国では、ロックダウンをしない代わりに、規制の違反者に対しては逮捕や罰金刑もある罰則規定があり、規制強化の有効性は日本と比較して格段に高い。

また、地域や施設のスクリーニング調査も徹底しており、最近の1日当たりのPCR検査数は13万件以上に上り(日本は10万件未満/韓国の人口は日本の40%)、感染者の発掘を日本と比較にならないほど重視している(日本の厚労省は医療機関が逼迫すれば、濃厚接触者以外、感染検査をするなという政府機関の通達もある)。

こうした日本との違いが、これまでの感染者数の少なさと重症者に対する医療が行き渡り、致死率の低さとなって現れている(30日現在、韓国の致死率は感染者196,806人に対して1.02%の2,089人/日本は914,065人に対して1.66%の15,184人が感染死)。
ただ、今回はデルタ株による感染急拡大を受け、韓国でも日々1700人前後の感染者が発生している(日本との人口比から換算すれば、約4100人あまりの計算となり、決して少ない数字ではない)。

韓国の首都圏も日本の東都と同じ7月12日から最高規制レベルの「4」の措置には入っているものの、地方へ感染が拡散して増加しており、地方も7月27日からレベルを「1」~「3」までに引き上げている。特に釜山市と慶尚南道(道庁:昌原市)の感染者数が多くなっている。

韓国でも規制強化して2週間以上経過したが感染者数は高止まりのままとなっており、感染者が減る兆候も見えていない。
今が増加するか経るかの瀬戸際だろう。

一方、日本の行政は、感染検査という最大限の武器を活用しないまま、早期からワクチン依存症にかかり、今では日に298,963件の検査能力がありながら、10万件前後と第3波当時から成長していない。(30日に厚労省が発表した29日分は感染検査数92,185件、感染者数10,697人/陽性率11.6%と異常値を示し、検査能力に対する検査数率は30.8%に過ぎない。宝の持ち腐れ状態を続けている)
口だけで、することもしないことから国民の行政に対する信頼感指数は悪化、その影響が人出の多さにより現出、それがまた感染を拡大させる原因となっている。悪循環。
防疫対策の専門的なリーダーもいない日本、尾身氏はあくまで外野席、政府にリーダーシップがあるのか、自治体に権限のすべてがあるのか?
直近では過去の学習もせず五輪開催に向け4連休としたことから、そのツケが今日の感染者数1万人超えとなっている。

 


スクロール→

韓国の人口構成(2019年の人口:5,122万人)

年代別

男性

女性

総人口

構成

100

517

3,350

3,867

0.01%

9599

8,777

36,441

45,218

0.09%

9094

39,759

133,738

173,497

0.34%

8589

145,865

352,443

498,308

0.97%

8084

378,896

649,984

1,028,880

2.01%

7579

638,576

877,984

1,516,560

2.96%

7074

891,774

1,036,309

1,928,083

3.76%

6569

1,209,711

1,310,502

2,520,213

4.92%

6064

1,775,200

1,840,304

3,615,504

7.06%

5559

2,066,858

2,065,586

4,132,444

8.07%

5054

2,165,615

2,144,863

4,310,478

8.41%

4549

2,205,709

2,134,000

4,339,709

8.47%

4044

2,046,048

1,944,249

3,990,297

7.79%

3539

2,001,445

1,857,327

3,858,772

7.53%

3034

1,756,422

1,581,655

3,338,077

6.52%

2529

1,856,271

1,615,387

3,471,658

6.78%

2024

1,747,374

1,578,873

3,326,247

6.49%

1519

1,353,570

1,244,531

2,598,101

5.07%

1014

1,182,869

1,105,654

2,288,523

4.47%

59

1,166,864

1,104,519

2,271,383

4.43%

04

1,011,337

958,165

1,969,502

3.84%

 

↓韓国のカレンダーによる感染者数

前比は前週比、平均は日平均、7/257/30までの週は、前週の7/187/23までの週の比較。


スクロール→

韓国の感染者数推移 

週計

前比

平均

6/20

6/21

6/22

6/23

6/24

6/25

6/26

前比

13.3%

429

357

395

644

610

634

668

3,737

534

6/27

0

6/29

6/30

7/1

7/2

7/3

前比

30.7%

614

501

595

794

762

826

793

4,885

698

7/4

7/5

7/6

7/7

7/8

7/9

7/10

前比

51.1%

742

711

746

1,212

1,275

1,316

1,378

7,380

1,054

7/11

7/12

7/13

7/14

7/15

7/16

7/17

前比

32.5%

1,324

1,100

1,150

1,615

1,600

1,535

1,454

9,778

1,397

7/18

7/19

7/20

7/21

7/22

7/23

7/24

前比

11.1%

1,451

1,252

1,278

1,784

1,838

1,630

1,628

10,861

1,552

7/25

7/26

7/27

7/28

7/29

7/30

7/31

前比

2.3%

1,486

1,318

1,365

1,895

1,674

1,710

 

9,448

1,575

 

[ 2021年7月31日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧