アイコン 「温泉地「源泉も疲弊」の深刻な問題」「コロナ禍の東京駅開発」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ

倒産バナー


コロナで苦境の温泉地「源泉も疲弊」の深刻な問題

日本各地の温泉・温泉街がさまざまな危機に直面している。直近では日本列島を襲った大雨で九州や東北などの温泉地で大きな被害が出た。さらに1年半に及ぶコロナ禍で温泉地を訪れる観光客が激減し、休業・廃業に追いやられた旅館やホテルも数多い。自然災害やコロナ禍で日本の温泉街がかつてない苦境に立たされているのだ。

それだけではない。日本各地で自噴源泉(自然に湧出する温泉)が減少し、湧出量減少や泉温低下という温泉資源の〝存亡〟にかかわるような事態まで起きている。


「東京ラーメンストリート」担当者が明かす、コロナ禍の東京駅開発

新型コロナウイルスの感染拡大が猛威を振るう中、思うように遠方に移動できない日々が続いている。ワクチン接種済みであっても全体的な制度設計は進んでおらず、長距離の移動が難しい状況だ。経済活動の本格的な再開にはまだ程遠い。

 特に飲食・観光業への影響は大きい。かつてビジネスパーソンだけでなく、多くの観光客でにぎわっていた東京駅八重洲口にある「東京ラーメンストリート」もその一つだ。

スポンサーリンク
 
 


自殺予防「熊本いのちの電話」 コロナ関連相談増える 先月までの1年間に864件 /熊本

自殺予防のための電話相談窓口「熊本いのちの電話」(096・353・4343)に、新型コロナウイルスに関連する相談が増えている。2020年9月~21年8月の相談件数7426件のうちコロナ関連が864件と11・6%を占めた。5月には月最多の111件に上り、コロナ禍で深刻度を増す悩みの多さが浮かび上がった。

 

コロナで苦境の温泉地について、ネットの反応では・・・

「源泉減ってたのか、コロナで客もいないし丁度いいんじゃね?」

「まあ資源は確かに有限だしな」

「温泉なくなると困る、愛人といちゃいちゃできない」

「大分すごい」

「外資とかデタラメ掘りそうだしな」

などの声が上がっている。

 

[ 2021年9月 9日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧