アイコン 「介護業界 競争が激化」「後継者難倒産、過去最高ペース」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ

倒産バナー

介護業界 競争が激化、M&Aで再編進む…倒産最多、異業種参入

介護付き有料老人ホームのアビタシオン(福岡市)は6月、福岡市東区の老人ホーム「ウィルマーク香椎浜」を引き継いだ。大型商業施設「キャナルシティ博多」を手がける福岡地所(福岡市)の子会社が2005年に開業した施設で、全株式を取得した。天神から車で約20分、大型ショッピングセンターや公園が近い好立地が売りで、福岡の高級老人ホームの先駆けとされる。


後継者難倒産、発生ペース引き続き高水準 5カ月間で190件超 全体に占める割合は約1割、過去最高ペース

全国的に企業倒産が減少するなかで、後継者の不在や事業承継の失敗などにより事業の継続見込みが立たなくなったことに起因する「後継者難倒産」の存在が目立ってきた。帝国データバンクの調査では、2021年度4-8月の5カ月間で発生した後継者難倒産は累計191件となり、同期間としては3年連続で190件を超えるなど高水準での推移が続いている。また、後継者難倒産が全体の倒産件数に占める割合は7.9%と1割近くに達し、昨年度の5.7%を上回るハイペースで推移している。全国の企業倒産が政府・民間金融機関による積極的な資金供給やコロナ対応の補助金などを背景に抑制されている一方で、高止まりする後継者難倒産が重みを増してきている。

スポンサーリンク
 
 

消滅型が9割、再生の難しさが浮き彫りに コロナ破たん2085件に

9月16日は16時時点で「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)が7件判明、全国で累計1978件(倒産1875件、弁護士一任・準備中103件)となった。
 月別では、2021年に入って2月(122件)以降、3カ月連続で最多件数を更新した。5月は124件と4カ月ぶりに前月を下回ったが、6月は155件で過去最多を記録、7月(140件)、8月(124件)と高いペースで推移し、7カ月連続して月間100件を上回った。9月も16日までに84件が判明し、引き続き高水準が続いている。

 

 

消滅型が9割について、ネットの反応では・・・

「まあまだ続くよね」

「今気づいたけと凄い不況に入ってない?」

「でもコロナに関係する新しい業態も増えるし」

「ピンチはチャンスってやつなんだけどね・・・」

「いま稼げてるところは羨ましい」

などの声が上がっている。

 

 

[ 2021年9月17日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧