アイコン 追報:水道管工事の「エム・アール・シー」/民事再生手続き開始決定 <東京>

続報。水道管工事の(株)エム・アール・シー(所在地:東京都江戸川区中葛西2-20-1 代表:岡部照雄)は9月3日付、東京地裁において再生手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

申請時の負債総額は約12億円。

 
 

同社は水道工事や土木工事を官庁から請けていたが、元代表が所得税法違反を生じさせ、東京都から指定停止処分、さらに元代表の会社資金の不正流用まで発覚、資金繰りを急悪化させ、今回の申請となった。

再生債権の届出期間は令和3年10月5日まで。

再生債権の一般調査期間は令和3年11月9日から令和3年11月16日まで。

事件番号は令和3年(再)第36号となっています。

 

既報記事

水道管工事の「エム・アール・シー」/民事再生申請 <東京>

[ 2021年9月15日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧