アイコン 追報:水産物加工製造の「パナフーズ」ほか/破産手続き開始決定 <東京・兵庫> 新型コロナ関連倒産

続報。水産物加工製造のパナフーズ(株)(所在地:兵庫県尼崎市南塚口町1*** 登記簿上所在地:東京都中央区新富1***)と、関連の(株)エクアトリアル(所在地:東京都中央区新富1*** 同代表)、(株)JPF(所在地:東京都中央区新富1*** 同代表)、DAIHO JAPAN(株)(所在地:東京都中央区新富1*** 同代表)は9月3日付、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

 
 

同社はアフリカや南米など海外から海産物を輸入して加工製造販売していた。特にタコには顧客に合わせて加工し、定評があった。しかし、今般の新コロナにより最終ユーザーの飲食店が営業時間規制に縛られ続け、同社の売上高は激減、今般の事態に至った。

ほかの関連会社は同社に連鎖した。

破産管財人には、飯尾拓弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和3年10月1日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年12月2日午後2時30分。

事件番号は令和3年(フ)第5339号第~第5342号となっています。

 

既報記事
追報:水産物加工製造の「パナフーズ」ほか/自己破産、倒産へ <東京・兵庫> 新型コロナ関連倒産

 



 

[ 2021年9月15日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧