アイコン 追報:ヘリ販売&レンタルの「ユーロテックジャパン」/民事再生手続き開始決定 <和歌山> 新型コロナ関連倒産

続報。ヘリコプター販売及び賃貸業者のユーロテックジャパン(株)(所在地:和歌山県西牟婁郡白浜町2926 代表:古家恒昌)は9月7日付、大阪地裁において再生手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

申請時の負債総額は約72億円。

資本金は6000万円、従業員が20名。

スポンサーリンク
 
 

同社は平成22年7月に設立、ヘリコプターの販売およびレンタル会社。2016年に「航空運送事業及び航空機使用事業許可」に取得、和歌山県や県警、消防などの官庁を主対象に中型機の販売やレンタル事業を営み、防災用などヘリ運航の受託事業、ライセンス取得事業など展開していた。しかし、ヘリ販売事業は大手が多く、価格競争に陥り、薄利で利益蓄積が進まない中、昨年2月からの長い新コロナ惨禍により、渡航制限などもあり、営業も難しくなり、資金繰りにも支障をきたす事態に至り、今般の措置となった。

今後、スポンサーの支援を受け再生をはかる予定。

再生債権の届出期間令和3年10月26日まで。

再生債権の一般調査期間令和3年12月17日から令和4年1月7日まで。

事件番号は令和3年(再)第10号となっています。

 

既報記事
負債72億 ヘリ販売&レンタルの「ユーロテックジャパン」/民事再生申請 <和歌山> 新型コロナ関連倒産

[ 2021年9月16日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧