アイコン 「東京除く関東、倒産危険度ランキング2021」「中国不動産バブル確実に崩壊」ほか/政治・行政ニュースピックアップ


倒産バナー

倒産危険度ランキング2021【東京除く関東】5位は紳士服コナカ、1位は?

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの企業が打撃を受け、倒産事情は激変している。経営リスクの高い企業を見分ける手引きとなるのが、公開情報から算出した「倒産危険度(Zスコア)」だ。

 米国の経済学者、エドワード・アルトマン氏が1968年に考案したもので、短期的な資金繰りの圧迫度や負債の負担度合い、売り上げや利益を生み出す効率性など、五つの指標の合計値により算出される。


 

スポンサーリンク
 
 

中華料理店がコロナ禍に続々開業、銀座の高級店にも町中華にも共通する商魂

緊急事態宣言も解除され、コロナ感染者数も奇跡的に減少している。コロナ禍の影響で大打撃を受けている飲食産業は少しばかり活気を取り戻しており、胸をなでおろした飲食業の経営者も多いだろう。

 しかし、コロナ禍が残した爪痕が生々しい。

 帝国データバンクが発表した「全国企業倒産集計2020年報」によると、2020年の1年間に倒産した飲食店は780件に上り、過去最多となっている。


中国不動産バブル確実に崩壊「経営危機の中国恒大集団、消滅か」

2021年10月、経営危機が叫ばれていた、中国恒大集団の破綻は避けられない見通しだ。資産売却交渉は頓挫。中国国内では、取り付け騒ぎは深刻さを増し、恒大がいつ消滅するのか、戦々恐々の状況に陥っている。

 専門家は『中国政府は恒大集団を見捨てるのではとの見方が広まっています。

 

中国不動産バブル確実に崩壊について、ネットの反応では・・・

「まあ共産主義だから資本主義者は敵だしな、助けないんじゃない?」

「どうなるの中国、昔のようにチャリンコに戻るの?」

「巻き込まれないように準備はできてるのか?日本は」

「バブルはいつか崩壊するもんですよ、中国は慢心しすぎてた」

「日本は軍が暴走する方が心配だろうね、尖閣を狙われてるし」

などの声が上がっている。

 

 

[ 2021年10月22日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧