アイコン ワクチン接種、今日にも完了者6割に、第6波が来ないようにするには・・・

もうすでにワクチンパスポートなるものを発行し、GoToキャンペーンも再浮上している。

料飲食店も営業時間の規制や1グループの人数規制はあるものの酒類の提供も行われる。その規制も段階的に緩和される。

そうしたなか第5波は現在も重症者が696人(10/3日現在)いるが、10月3日の感染者数はワクチン接種完了率が60%に至り、1000人を割り込み968人までに減っている。

スポンサーリンク
 

スクロール→

ワクチン接種状況 首相官邸版から算出

2021年10月1日官邸公表分

日本の人口

126,650,000

 

 

全体接種総回数

161,057,159

127.2%

 1回以上接種者/人口比

89,154,655

70.39%

 2回接種完了者/人口比

75,704,359

59.77%

うち医療関係者・人口

6,550,000

 

医療従事者と介護者等含む。接種率は非常に高い。

 接種総回数/百人当り

12,294,115

187.7%

 1回以上接種者/人口比

6,532,164

99.73%

 2回接種完了者/人口比

5,761,952

87.97%

うち高齢者・人口

35,760,000

 

接種率は非常に高い

 接種総回数/百人当り

64,309,351

179.8%

 1回以上接種者/人口比

32,379,651

90.55%

 2回接種完了者/人口比

31,929,700

89.29%

うち一般・人口

84,340,000

 

デルタ株はこの層を襲っている

 接種総回数/百人当り

84,453,693

100.1%

 1回目以上接種者/人口比

50,242,840

59.57%

 2回接種完了者/人口比

38,012,707

45.07%

うち一般・12歳未満除く

72,330,000

 

11歳以下は1280万人

 接種総回数/百人当り

 

116.8%

 1回目以上接種者/人口比

 

69.46%

 2回接種完了者/人口比

 

52.55%

高齢者だけ除いた人口

90,890,000

 

11歳以下と医療従事者含む一般接種

 接種総回数/百人当り

96,747,808

106.4%

 1回以上接種者/人口比

56,775,004

62.47%

 2回接種完了者/人口比

43,774,659

48.16%

全体で12歳未満除く人口

114,640,000

 

12歳未満除く

総接種回数

161,057,159

140.5%

 1回以上接種者/人口比

89,154,655

77.8%

 2回接種完了者/人口比

75,704,359

66.0%

1回目未接種者数

37,495,345

29.6%

感染リスク群

2回目未接種者数

50,945,641

40.2%

・「一般」には学校・大学・職域・職場接種を含んでいる。接種しない12歳未満約1201万人を含んでいる。

・「医療従事者等」は730日までの分を82日までしか開示しておらず、その後の接種は一般にカウント。当初480万人でスタート、その後一部介護者等増加していた。

・デルタ株による第6波の可能性:感染リスク群は①接種しない12歳未満者数(人口の約1割)、②①除き1回だけの接種者数、③ブレークスルー者数(接種完了者の12%) 、④完了者で2週間未経過者数、⑤中和抗体減少者数(接種完了後5ヶ月経過した人)、以上の感染リスク者数の合計が、都市部にどれほどいるか、大都市人口の40%以上いた場合、その大都市では発生する可能性がある。それに加え、大幅規制緩和による影響も悪材料となる。

・接種数の報告は接種の各自治体からタイムリー行われておらず一部後追い集計あり。

1第6波回避のために・・・
すでにメディアは浮かれポンチで喉元過ぎWith-CoVへひた走っている。
今後もワクチン接種は進むが、まだ、気を許せる状況ではない。
秋の行楽シーズンが控えている。
GoToキャンペーンをしなくてもすでにホテル予約はいっぱいのホテルも出るほど盛況となっている。そのツケは感染者増となりこれまで何回ともなく経験してきている。
8月の緊急事態宣言下の感染爆発も7月の五輪開会の4連休、8月の五輪閉会の3連休+お盆を経過し、旅行者の急増により、8月20日のピークは25,867人(3波1月8日7,957人、4波5月7日の7,233人)となった(7月は延2,997万泊で今年最高、8月は3,045万泊でそれを更新)。

行楽シーズンですでにワクチン接種も進み浮き足立っている人々が多く、そうした中、第6波を回避するには、ワクチン接種を進めるしかない。

2回完了者数が9,500万人に達すれば、デルタ株がさらに凶悪なCoVに変異しない限り、集団免疫は構成されるものと見られ、感染者数はさらに大きく減少するものと見られる。
それでも未接種者数は3,165万人(人口の25%、接種しない11歳以下1,204万人/9.5%含む)と非有効率者12%の1,140万人の計4,300万人(人口比率34%)あまりが引き続き感染リスク下にある。
1:1の割合でワクチン接種が進むとすれば、現在、117万回(9月の日平均値)で計算すると、現在7,570万人が接種を完了しており、1,930人が必要、1回目もありその倍数3,860万回÷117万回=33日間が必要となる。
その間に増加しなければ、接種率からして集団免疫により収束するものと見られる。当然、祖孫も接種は進む。
そのためにも秋の行楽シーズンを11月以降にすべきだろうが・・・。

秋の行楽シーズンは最初に北海道に訪れる。
その北海道の10月3日の感染者数は9人と昨年9月26日の7人以来の1年ぶりの一桁台となった(しかし、昨年11月20日には304人の感染者が発生/旭川市ではパニックに陥った)。

個々人の防疫対策の基本事項は数年先と見られる終息まで欠かすことができない。
完了者の10人に一人が感染リスクを抱えていることも再認識しておく必要がある。


スクロール→

世代別ワクチン接種状況と感染リスクのある世代別未接種者数の状況

世代別ワクチン接種状況 927日時点

単位/千人

人口

1回以上

2回完了

1回未完了

2回未完了

11歳以下

12,048

0

0

12,048

12,048

  率

9.5%

0.0%

0.0%

100.0%

100.0%

1219

9,010

3,774

1,853

5,236

7,157

  率

7.1%

41.9%

20.6%

58.1%

79.4%

20

12,819

6,558

4,259

6,261

8,560

  率

10.1%

51.2%

33.2%

48.8%

66.8%

30

14,372

7,977

5,171

6,395

9,201

  率

11.3%

55.5%

36.0%

44.5%

64.0%

40

18,424

12,072

8,604

6,352

9,820

  率

14.5%

65.5%

46.7%

34.5%

53.3%

50

16,810

12,935

10,633

3,875

6,177

  率

13.3%

76.9%

63.3%

23.1%

36.7%

6064

7,412

6,179

5,713

1,233

1,699

  率

5.9%

83.4%

77.1%

16.6%

22.9%

65歳以上

35,759

32,670

32,149

3,089

3,610

  率

28.2%

91.4%

89.9%

8.6%

10.1%

合計

126,654

82,165

68,382

44,489

58,272

 

100.0%

64.9%

54.0%

35.1%

46.0%

・デルタ株感染リスク者は927日現在、2回未完了の58百万人と非有効12%対象の8百万人の計66百万人、約人口の半分

・人口は2013年総務省版、外国人281万人含む。

[ 2021年10月 4日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧