アイコン 日本の接種数鈍化 北海道では感染者増の兆候も


日本人の生真面目さや感化されやすい民族性から、これまで接種率は高い伸びを示してきたが、今後、0~11歳を除き1回目も接種していない約2000万人(12~64歳1,650万人)に対する接種がどこまで進むか、注視していく必要がある。

第5波となったデルタ株での感染者増はすでに収束、国民の間では終息したと勘違いしている人たちも多くなってきている。このまま終息してくれたらこれ以上望ましいことはない。

ただ、先月下旬、緊急事態宣言下の神奈川県の保育園の職員の慰安旅行、旅行当日園児の1人の感染が確認されていたにもかかわらず、26人で京都へ旅行敢行、10月12日現在、職員や園児など55人が集団感染する事態となっている。神奈川県の対応も遅く、感染を拡大させたものと見られる。職員の接種状況も踏まえ感染者を分析する必要があり、今後の参考にすべきでもある。飛まつの受容量により有効率が低下するのかチェックする必要もある。

↓接種数は落ちてきている。大規模接種会場がガラガラ状態、病院やクリニックでの接種電話予約でも9月まではなかなか電話さえつながらず、ネットでもすぐさま満杯になっていたが、10月の予約日には電話でも繋がる要になっており、閉鎖しても問題ないと見られる。

願わくば、接種の予約を毎日受け付け、接種する日付や病院・クリニックを逆指定するように変更すれば、接種はさらに進むと見られるが、頑固頭の官庁仕事、融通は利かないだろう。

官邸資料より作成。

スポンサーリンク

スクロール→

総接種数 月別・日別平均推移

 

累計接種数

日平均

630

43,504,931

 

 

730

84,009,438

40,504,507

1,350,150

831

128,759,863

44,750,425

1,398,451

930

163,738,220

34,978,357

1,165,945

1014日迄

177,622,120

13,883,900

991,707

 

↓データは、感染者数推移はNHK、2回接種率はアワーワールドインデータを採用。

10月10~14日は5日分で日平均としている。

1015_07.jpg

 


スクロール→

ワクチン接種状況 首相官邸版から算出

2021年10月14日首相官邸公表分

日本の人口

126,650,000

 

 

全体接種総回数

177,622,120

140.2%

 1回以上接種者/人口比

94,311,115

74.47%

 2回接種完了者/人口比

83,311,005

65.78%

うち医療関係者・人口

6,550,000

 

医療従事者と介護者等含む。接種率は非常に高い。

 接種総回数/百人当り

12,294,115

187.7%

 1回以上接種者/人口比

6,532,164

99.73%

 2回接種完了者/人口比

5,761,952

87.97%

うち高齢者・人口

35,760,000

 

接種率は非常に高い

 接種総回数/百人当り

64,740,553

181.0%

 1回以上接種者/人口比

32,574,838

91.09%

 2回接種完了者/人口比

32,165,715

89.95%

うち一般・人口

84,340,000

 

デルタ株はこの層を襲っている

 接種総回数/百人当り

100,587,452

119.3%

 1回目以上接種者/人口比

55,204,113

65.45%

 2回接種完了者/人口比

45,383,338

53.81%

うち一般・12歳未満除く

72,310,000

 

11歳以下は1203万人

 接種総回数/百人当り

 

139.1%

 1回目以上接種者/人口比

 

76.34%

 2回接種完了者/人口比

 

62.76%

高齢者だけ除いた人口

90,890,000

 

11歳以下と医療従事者含む一般接種

 接種総回数/百人当り

112,881,567

124.2%

 1回以上接種者/人口比

61,736,277

67.92%

 2回接種完了者/人口比

51,145,290

56.27%

12歳未満除く総人口

114,620,000

 

12歳未満除く

総接種回数

177,622,120

155.0%

 1回以上接種者/人口比

94,311,115

82.3%

 2回接種完了者/人口比

83,311,005

72.7%

 

1回目未接種者数

32,338,885

25.5%

感染リスク群

2回目未接種者数

43,338,995

34.2%

・「一般」には学校・大学・職域・職場接種を含んでいる。接種しない12歳未満約1201万人を含んでいる。

・「医療従事者等」は730日までの分を82日までしか官邸が開示しておらず、その後の接種は一般にカウント。当初480万人でスタート、その後一部介護者等増加していた。

・デルタ株による第6波の可能性:感染リスク群は①接種しない12歳未満者数(人口の約1割)、②①除き1回だけの接種者数、③ブレークスルー者数(接種完了者の12%) 、④完了者で2週間未経過者数、⑤中和抗体減少者数(接種完了後5ヶ月経過した人)、以上の感染リスク者数の合計が、都市部にどれほどいるか、大都市人口の35%以上いた場合、その大都市では発生する可能性がある。それに加え、大幅規制緩和による影響も悪材料となる。

・接種数の報告は接種の各自治体からタイムリー行われておらず一部後追いになっている。

・人口は総務省の2021年1月1日現在版、281万人の外国人を含んでいる。

 

[ 2021年10月15日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧