アイコン ワクチン接種しましょう 大幅鈍化 12歳以上1600万人がまだ未接種


1回目と2回目の接種率が近づくほどに接種率の上昇は鈍化するが、日本も例外なく、その域に達している。ただ、接種先進国ではすでに接種が頭打ちになって久しく、イスラエル(接種完了率65.3%)、英国(67.1%/5日の感染者数3.3万人)、米国(57.1%/8.4万人)に比較すると77%という高い接種率にはなっている。

日本では今やワクチン接種に関する啓蒙活動は行われておらず、イケイケドンドンのGOTOをいつからはじめるのかに集中している。一方でワクチン接種は11月までの計画でもあり、12月からは追加接種に入るという。新規接種者を11月で締め切るのか、12月以降も追加接種もあり、延長するのかはっきりしてもらいたいものだ。

9月上旬まで政府も自治体も御用専門家たちもヒーヒー言っていた感染者数も今や激減、総選挙を経過し新コロナは過去のものにしてしまい、接種していない国民ももうダイジョウブだろうと接種を見送っている。

日本はまだ2800万人の未接種者がいる。うち1203万人が12歳未満だが感染するリスクは変わらない。12歳以上では1600万人が未接種。健康上接種できない人もいようが、健康上問題ない人は、今では接種予約も簡単に取れるようになっており、ぜひ接種してほしいものだ。医療機関も地域で交代しながらでもワクチン接種の24時間対応すべきではないだろうか。

デルタプラス株が英国(最近の日の感染者数4万人前後)やロシア(3万人前後)で感染を広げているという。感染力がデルタ株より少し強いということしかまだわかっていない。あってないようなズボズボの日本の水際対策、政府は外国人受け入れも大幅緩和策を打ち出しており、デルタプラス株など日本では新たな変異株が侵入してくるのは時間の問題。

スポンサーリンク

そうした変異株に対しても、接種しているのと接種していないのでは大違い、接種している人は感染リスクも低く、もしも感染しても発症後の重症化率が大幅に低くなっている。 
新コロナで完治したとしても中等症や重症を経過すると内臓や神経系統がやられ、後遺症も残す確率も高くなっている。
それに加え、接種していない人は、感染すればデルタ株では発症確率が高く、人様に感染させるリスクも高く持つ。
接種していない人は、新コロナから身を守るため今一度、接種を考えてみよう。
新コロナの第6波が日本を襲わない保証はどこにもない。

 


スクロール→

ワクチン接種状況/首相官邸版

 

日本

人口

126,650,000

 

接種数

接種率

 

11/6日更新分

1回目

98,487,956

77.8%

2回目

92,556,990

77.1%

未接種者数

未接種者数

28,162,044

22.2%

未完了者数

34,093,010

22.9%

累計感染者数ほか

 

感染

死亡

累計

1,723,703

18,309

 


スクロール→

厚労省発表の感染者数

11600時現在

累計感染者数

1,723,799

 うち6日感染数

225

隔離解除者数

1,702,009

死亡者数

18,306

 うち6日死亡数

10

現在感染者数

3,484

 隔離者数

2,227

  うち重症者数

100

 確認中

2,129

・都道府県のHPなどで集計しているため数値が合わない。隔離数と確認中の計が現在感染者数になっていない。いつものこと。デジタル後進国の賜物。

 

[ 2021年11月 8日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧