アイコン スピードスケートW杯 選手感染、過去最高の感染者出すドイツで合宿/連盟は愚か


日本スケート連盟は9日、スピードスケートのワールドカップに参戦するため、ドイツで合宿を行っていた日本代表の選手とスタッフ合わせて10人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。

スピードスケートの日本代表は、今月12日にポーランドで開幕するワールドカップに参戦するため、先月28日からドイツで合宿を行っていた。

日本スケート連盟によると、合宿を終えポーランドに入国するため今月4日から7日にかけて新型コロナウイルスのPCR検査を受けたところ、選手4人とスタッフ6人の計10人が陽性反応を示したという。

ドイツの保健当局の指示に従って10人はチームから隔離されていて、このうち数人は微熱とけん怠感の症状があるという。

感染した選手4人は、ポーランドでのワールドカップに出場できないが、そのほかの選手については予定どおり出場するという。

以上、

スポンサーリンク

ドイツの感染状況に鑑み、ドイツ合宿を急遽取り止め、日本で合宿させるべきではなかったのだろうか。官僚のように頭が堅物の連盟の人たちばかりなのだろう。感染した選手が出場できずかわいそう。

ドイツ隣国のオーストリア、オランダ、ベルギー、デンマーク、ポーランドなども同じようにワクチン接種率が60%以上ながら感染が急拡大中。


スクロール→

ドイツの感染状況

 

週の感染者数

日平均

接種完了率

8/299/4

71,925

10,275

60.8%

9/511

74,652

10,665

61.7%

9/1218

65,982

9,426

62.6%

9/1925

54,862

7,837

63.5%

9/2610/2

54,539

7,791

64.2%

10/39

67,902

9,700

64.7%

10/1016

62,983

8,998

65.2%

10/1723

89,664

12,809

65.7%

10/2431

131,880

18,840

66.1%

11/1~7 

172,611

24,659

66.5%

累計

4,780,569

 

 

[ 2021年11月10日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧