アイコン 追報:太陽光工事の「日本瓦ユニオン」/破産手続き開始決定 <愛知>


続報。太陽光発電設備の設置工事の(株)日本瓦ユニオン(所在地:愛知県安城市和泉町大海古2番地9*** )は11月15日付、名古屋地裁岡崎支部において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

負債総額は約3億円。

同社は瓦工事業から、最近は太陽光発電設備の設置工事を主業としていた。

スポンサーリンク
 
 

家電量販店などから戸建て住宅などの太陽光発電設備の設置工事を受注し、東日本大震災後のソーラー発電の電力買取価格が高かかったことから空前の設置ブームとなり、急成長を遂げたが、安倍政権になり、買取価格が大幅に引き下げられ、ブームは過ぎ去り、同社の売上高も激減していた。そのため最近は赤字決算が続き、資金繰りにも窮し今回の事態に至った。

破産管財人には、安藤芳朗弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年3月22日午後3時30分。

事件番号は令和3年(フ)第457号となっています。

 

既報記事
太陽光工事の「日本瓦ユニオン」/自己破産へ <愛知>


スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

(株)日本瓦ユニオン

2

本社地

愛知県安城市和泉町大海古2-9

3

代表

神谷公一

4

設立

1996年7月、

5

資本金

3000万円

6

業種

太陽光発電設備の設置工事

7

売上高

以前のピーク期、約20億円

2020年12月期、約2億円

8

破たん

2021年11月1日、

事業停止/自己破産申請の準備中

2021年11月15日、

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

安藤芳朗弁護士(安藤法律事務所)

電話:0563-65-6510

10

裁判所

名古屋地裁岡崎支部

11

負債額

約3億円

12

破綻事由

同社は瓦工事業から、最近は太陽光発電設備の設置工事を主業としていた。家電量販店などから戸建て住宅などの太陽光発電設備の設置工事を受注し、東日本大震災後のソーラー発電の電力買取価格が高かかったことから空前の設置ブームとなり、急成長を遂げたが、安倍政権になり、買取価格が大幅に引き下げられ、ブームは過ぎ去り、同社の売上高も激減していた。そのため最近は赤字決算が続き、資金繰りにも窮し今回の事態に至った。


 

[ 2021年11月26日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧