アイコン 第6波、脅威の感染急拡大 これまでの経緯 オミクロン株のすさまじさ


検疫システムの杜撰さから、また米軍基地を発火点にした感染急拡大、1月2日の500人台から4日後の6日には8倍の4475人の感染者が発生、オクミロン株がこれまで浸透し続け、瞬く間に全国の都道府県で感染者が急拡大している。

予期されたこととはいえ、沖縄・山口・広島は明らかに米軍基地からのウイルス経路、しかし、首都圏や関西圏はこれまで燻っていたウイルスが火の手を上げたに過ぎず予期されていたことでもある。

オミクロン株はデルタ株の3~5倍の感染力があるとされるが、重症化率は低いとしきりに宣伝しまくっている。高齢者に対して追加接種していたら、そこまで対策をしていたと評価されようが現実は無体策、6日発表値では70万人しかまだ追加接種していない。

また、8月のように高齢者の発症者を病院に入れず、高齢者施設でそのまま見殺しにするのだろうか。当局は喉もと過ぎて何も反省していない。赤信号皆で渡れば怖くない・・・川柳の世界のようだ。

追加接種の有効性の記事
https://n-seikei.jp/2022/01/post-80418.html

スポンサーリンク

厚労省の検疫体制が杜撰というのは、働いている厚労省職員たちは懸命に対応しているものの、検疫当局の検疫防疫システムそのものが杜撰だということ。

入管検疫では抗原検査を実施しており、陰性だったら帰郷させ自宅隔離させている。しかし、抗原検査の確率に問題がある。

そのため、隣国でも入管検疫の抗原検査で陰性者を帰郷させ自宅隔離させているが、入国2日目に改めてPCR検査を罰則付きで義務付けている。隣国の場合、入管検疫での感染者の捕捉率は20%に過ぎない。

日本でも全く同じことが言え、残る80%のうち一部は発症して自ら申告してPCR検査を受け都道府県でカウントされている。その間、感染させるリスクを持つ、また、PCR検査が義務付けられていないことから無発症者が多いオミクロン株感染の無発症者が感染させている可能性も感染力が強いだけに大きい。

このような、帰郷させ自宅隔離させる防疫方法は、罰則もなく、入管検疫当局に委託された業者がスマホで管理するだけであり、家族感染や市中感染させるトンでもない政策である。それが厚労省検疫当局のじゃじゃ漏れ水際防疫作戦の実態ではないだろうか。

 


スクロール→

抗原検査

現在感染している可能性を調べるもの

ウイルス特有のたんぱく質

15~30分

1千~1万個のウイルスで検知可能

PCR検査

現在感染しているか確認するもの

遺伝子

10~100個のウイルスで検知可能

 


スクロール→

 日本の感染者数 

11/21.

22

23

24

25

26

27

143

50

112

75

116

121

125

11/28.

29

30

12/1.

2

3

4

72

81

130

119

127

143

131

12/5.

6

7

8

9

10

11

113

59

115

131

163

144

147

12/12.

13

14

15

16

17

18

115

77

143

174

188

182

201

12/19.

20

21

22

23

24

25

177

151

247

261

294

297

320

12/26.

27

28

29

30

31

1/1.

263

212

383

497

515

506

534

1/2.

3

4

5

6

7

8

553

780

1,267

2,636

4,475

 

 

 


スクロール→

6月からの感染者数の週推移

529

742,013

日平均

前週比

5/306/5

760,434

18,421

2,632

 

6/66/12

773,772

13,338

1,905

-27.6%

6/1319

783,905

10,133

1,448

-24.0%

6/2026

794,307

10,402

1,486

2.7%

6/277/3

805,197

10,890

1,556

4.7%

7/410

818,547

13,350

1,907

22.6%

7/1117

838,392

19,845

2,835

48.7%

7/1824

865,712

27,320

3,903

37.7%

7/2531

926,397

60,685

8,669

122.1%

8/17

1,017,732

91,335

13,048

50.5%

8/814

1,130,041

112,309

16,044

23.0%

8/1521

1,283,084

153,043

21,863

36.3%

8/2228

1,439,993

156,909

22,416

2.5%

8/294

1,561,538

121,545

17,364

-22.5%

9/511

1,633,742

72,204

10,315

-40.6%

9/1218

1,673,697

39,955

5,708

-44.7%

9/1925

1,696,661

22,964

3,281

-42.5%

9/2610/2

1,707,907

11,246

1,607

-51.0%

10/39

1,714,143

6,236

891

-44.5%

10/1016

1,718,045

3,902

557

-37.4%

10/1723

1,720,401

2,356

337

-39.6%

10/2430

1,722,244

1,843

263

-21.8%

10/3111/6

1,723,649

1,405

201

-23.8%

11/713

1,724,922

1,273

182

-9.4%

11/1420

1,725,916

994

142

-21.9%

11/2127

1,726,658

742

106

-25.4%

11/2812/4

1,727,461

803

115

8.2%

12/511

1,728,333

872

125

8.6%

12/1218

1,729,413

1,080

154

23.9%

12/1925

1,731,160

1,747

250

61.8%

12/261/1

1,734,070

2,910

416

66.6%

1/26

1,743,781

9,711

1,942

419.3%

 

↓厚労省の采配により、全く間に合わせなかった高齢者への追加接種、口ばかりの岸田首相

今後、高齢者施設へのウイルス侵入の防疫策をさらに強化するしかない。

感染リスク者は、未接種+未接種完了者数の2,735万人とワクチン有効期間切れの4,720万人の計7,455万人+ワクチン有効期間内のブレークスルー者。


スクロール→

日本、ワクチン接種完了率推移

接種完了月

累計

半月間

完了率

経過

百万人

3/31

0.1

 

0.1%

有効期間切れ

4/15

0.6

0.5

0.5%

4/30

1.0

0.4

0.8%

5/15

1.9

0.9

1.5%

5/31

4.0

2.1

3.2%

6/15

8.5

4.5

6.8%

6/30

17.7

9.2

14.1%

7/15

27.4

9.7

21.8%

7/31

37.8

10.4

30.0%

8/15

47.2

9.4

37.5%

8/31

58.5

11.3

46.4%

4ヶ月

9/15

66.6

8.1

52.9%

3.5ヶ月

9/30

75.7

9.1

60.1%

3ヶ月

10/15

83.6

7.9

66.4%

2.5ヶ月

10/31

91.2

7.6

72.4%

2ヶ月

11/15

95.5

4.3

75.8%

1.5ヶ月

11/30

97.4

1.9

77.3%

1ヶ月

12/15

98.2

0.8

77.9%

0.5ヶ月

12/31

98.5

0.3

78.3%

0ヶ月 

16

99.3

0.8

78.4%

0ヶ月 

・未接種・未完了者数の計:2,735万人

追加接種

 

累計

 

 

 

2216.

709,100

 

0.6%

 

・首相官邸HP公表数値

 

↓検疫検査は抗原検査、

隣国の感染者の捕捉率は20%前後、80%は自宅待機(隔離)


スクロール→

急増する入管検疫での感染者数

 

週感染

検査数

陽性率

1/26

526

11,825

4.4%

12/261/1

468

21,839

2.1%

12/1925

247

29,458

0.8%

12/1218

118

29,788

0.4%

12/511

68

26,848

0.3%

・入国者の感染者が入管検疫だけでも急増している。

・厚労省発表値、午前00時現在であり、実際は前日分

・検査数は入国数と思われる。=抗原検査数

・入国者は飛行機にはワクチンを2回接種完了者のみ搭乗している。

 

[ 2022年1月 7日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧