アイコン (株)酉抜商店(宮城)/自己破産申請 老舗の水産加工会社


宮城に拠点をおく、(株)酉抜商店が自己破産申請したことが判明した。

負債総額は約3億円。

以下要約。

スポンサーリンク
 
 

スクロール→

倒産要約版 JC-NET版

1

破綻企業名

(株)酉抜商店

2

本社地

宮城県石巻市大宮町6-38

3

代表

酉抜登喜夫

4

創業

1947年

5

設立

1989年4月.

6

資本金

3000万円

7

従業員

約10人

8

業種

水産加工販売

9

売上高

以前のピーク期、約11億円

2022年3月期、約2.5億円

10

破綻

2022年8月1日.

自己破産申請

11

申請代理人

小俣由香利弁護士(石巻向陽法律事務所)ほか

電話:0225-24-6690

10

裁判所

仙台地方裁判所

11

負債額

約3億円

12

破綻理由

同社は鮮度をキープしたフィーレ加工のタラやカレイなどを水産卸市場で卸販売していた。また、仙台市内に直営店も有し、魚介類のフィーレ加工品や味噌漬けなどの加工品を販売していた。しかし、2011年3月の東日本大震災で工場や店舗が全壊、助成金や制度融資などを活用し再建させたものの、中国が海産物を大量に消費するようになり、世界中の海から魚を取り捲り、また世界各地の漁港で魚を買い付け世界的な魚価高騰、同社の魚介類の仕入価格も高騰、一方、国内は消費不況で価格転嫁は限られ、同社は採算性を悪化させていた。そうした中、今般の新コロナ事態では飲食店などの業務用ニーズが大幅減少、円安による輸入価格高騰により、同社は大幅に売上高を落とし、採算性もさらに悪化させ、大きな赤字から債務超過に陥っていた。

 

[ 2022年8月 3日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧