アイコン 追報:山光化染(株)/破産手続き開始決定 <京都> 婦人服地染色加工


続報。婦人服地染色加工の山光化染(株)(所在地:京都市伏見区横大路千両松町172番地*** )は9月1日付、京都地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

 

スポンサーリンク

同社は老舗の婦人用服地の染色加工会社で、インナーやTシャツのプリント捺染加工も行っていた。しかし、消費税増税に伴う消費不況に安価な輸入品が台頭、同社は受注不振が続いていた。 

そうしたなか発生した今般の新コロナ事態、同社が手がける製品を販売する小売店は、百貨店や量販店では一時休業を余儀なくされるなど、同社は受注不振がさらに拡大、一方、染料などの材料費は高騰、採算性をさらに悪化させ、同社は資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

破産管財人には、草地邦晴弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和4年10月13日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年12月7日午後3時30分。

事件番号は令和4年(フ)第760号となっています。

 

スクロール→

倒産要約版 JC-NET版

1

破綻企業名

山光化染(株)

2

本社登記地

京都市伏見区横大路千両松町172

3

代表

細井輝男

4

創業

1926年

5

設立

1961年7月.

6

資本金

7000万円

7

業種

婦人服地染色加工業

8

売上高

以前のピーク期、約11億円

2020年12月期、約4億円

9

破綻

2022年8月6日.

 事業停止/自己破産申請の準備中

2022年9月1日.

 破産手続きの開始決定

10

破産管財人

草地邦晴弁護士(御池総合法律事務所)

電話:075-222-0011

11

裁判所

京都地方裁判所

12

負債額

約6億円

13

事件番号

令和4年()第760号

14

債権届出期間

2022年10月13日まで

15

報告説明会

2022年12月7日()午後3時30分/詳細は破産管財人まで

16

 

破綻理由

同社は老舗の婦人用服地の染色加工会社で、インナーやTシャツのプリント捺染加工も行っていた。しかし、消費税増税に伴う消費不況に安価な輸入品が台頭、同社は受注不振が続いていた。 そうしたなか発生した今般の新コロナ事態、同社が手がける製品を販売する小売店は、百貨店や量販店では一時休業を余儀なくされるなど、同社は受注不振がさらに拡大、一方、染料などの材料費は高騰、採算性をさらに悪化させ、同社は資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

そうしたなか発生した今般の新コロナ事態、同社が手がける製品を販売する小売店は、百貨店や量販店では一時休業を余儀なくされるなど、同社は受注不振がさらに拡大、一方、染料などの材料費は高騰、採算性をさらに悪化させ、同社は資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

 

既報記事
山光化染(株)(京都)/自己破産へ 婦人服の染色加工


 

 

[ 2022年9月12日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧